九州 18日にかけて平地も大雪の恐れ 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

九州 18日にかけて平地も大雪の恐れ

tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像B

画像B


日本付近は強い冬型気圧配置となっており、九州の上空1500m付近には、あす18日にかけてマイナス10度以下の寒気が流れ込みます。九州は、あす18日にかけて平地でも大雪となる恐れがあり、東シナ海側を中心に非常に強い風が吹いて、荒れた天気が続くでしょう。積雪や路面の凍結、強い風と雪による見通しの低下などで、交通機関や道路などに大きな影響が出る恐れがあります。暴風や高波にも警戒が必要です。

九州 山沿いから積雪 厳しい寒さ

九州は、すでに各地で雪が降りだしており、山沿いから雪が積もり始めています。地上気温は、九州北部は所々で0度を下回り、晴れ間の多い太平洋側の宮崎県でも5度以下という所が多くなっています。冷たい北、または西よりの風も強く吹いており、気温以上の厳しい寒さとなっています。

17日夜は一段と大気不安定に 雪雲発達

寒気の流れ込みが強まる今夜(17日夜)は、大気の状態が不安定となり、雪雲が発達しやすくなる見込みです。雷を伴った強い雪が降り、平地でも短い時間で雪が積もる所があるでしょう。あす18日にかけて、山地だけでなく平地でも大雪となる恐れがあり、積雪や路面の凍結で交通機関や道路などに大きな影響が出る可能性があります。強い風と雪で見通しが悪くなる時間帯もあるでしょう。

車は滑り止めの準備をし、道路情報をこまめに確認してください。また、雪道を歩く際は歩幅を狭くし、まっすぐ足を下ろすようにしましょう。慣れない雪の日の外出の際は、時間に余裕を持ち、無理をしないことが肝心です。

暴風や高波にも警戒

きょう17日午後は、東シナ海側の沿岸部を中心に非常に強い風が吹き、暴風となる恐れがあります。あす18日にかけて荒れた天気が続き、海上は波の高さが4メートルから5メートルと広い範囲でしけるでしょう。沿岸海上は、暴風や高波にも警戒・注意が必要です。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい