29日 日本海側を中心に大荒れの天気 猛吹雪・大雪に警戒 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

29日 日本海側を中心に大荒れの天気 猛吹雪・大雪に警戒

tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像C

画像C


きょう29日は、発達中の低気圧や強い寒気の影響で日本海側を中心に荒天。車の立ち往生など、交通への影響が大きくなるおそれも。

各地の天気

昨夜から今朝にかけて、日本海を進む低気圧や大陸方面から流れ込む寒気の影響で、日本海側を中心に風が強まり、雪の範囲が徐々に拡大。午前7時現在、松江市で2センチ、豊岡市で7センチなど、山陰や近畿北部の平地も雪が積もっています。

日中から夜にかけ、低気圧が北海道へ接近。日本付近は冷たい空気にスッポリと覆われるでしょう。平地に大雪を降らせるような強い寒気(上空1500m付近でマイナス12度以下)が、山陰付近まで流れ込む見込みです。

日本海側を中心に冬の嵐で、車の立ち往生が発生することも考えられます。外出は極力控えたいところですが、仕事などで止むを得ない場合、スコップや牽引ロープ、暖をとるための物、非常食など、いざという時のための備えを万全になさってください。電車など、交通機関への影響が大きくなるおそれもあります。

【各地の天気】

北海道と東北(太平洋側も含む)、北陸は断続的に雪。平地でも急に積雪が増える所があるでしょう。また、午前より午後の方が風が強まり、日本海沿岸の地域を中心に、猛吹雪で見通しがきかないほどの所がありそうです。

関東甲信と東海は、山沿いは雪で、特に岐阜県の山沿いは雪の量が多くなるでしょう。また、名古屋市周辺など東海の平地も朝晩を中心に雪雲の流れ込む所があります。

近畿北部と山陰も雪が降ったりやんだり。暴風のピークは過ぎつつありますが、それでも、吹雪による見通しの悪さに引き続き注意が必要です。

近畿中部・南部、山陽、四国、九州も、午前中は雪雲や雨雲の流れ込むことがあり、路面の凍結する所もあるでしょう。

予想される最大風速・雪の量

●きょう29日からあす30日にかけて予想される最大風速(最大瞬間風速)は、

北海道  28メートル(40メートル)

東北   25メートル(35メートル)

北陸   23メートル(35メートル)

近畿   20メートル(30メートル)

中国地方 18メートル(30メートル)

●30日午前6時までに予想される24時間降雪量は、多い所で、

北陸と東海(岐阜) 70センチ

北海道と東北  60センチ

近畿      50センチ

その後、30日の日中から31日朝にかけて、北陸を中心にさらに雪の量が多くなりそうです。

晴れる所も厳しい寒さ

最高気温は、全国的にきのうと同じか低くなる見込です。

関東の平地など晴れる所でも、冷たい北よりの風が強めに吹いて、実際の気温より体感温度は低くなるでしょう。マフラーや手袋などで、防寒を万全にすると良さそうです。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい