4日 朝は厳しい寒さ 北陸や東北の日本海側を中心に局地的な大雪の恐れ 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

4日 朝は厳しい寒さ 北陸や東北の日本海側を中心に局地的な大雪の恐れ

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A


あす4日(月)の朝は、きょう3日(日)ほどの冷え込みにはならないものの、厳しい寒さが続くでしょう。仕事始めの方は、万全な寒さ対策が必要です。冬型の気圧配置は次第に緩むものの、寒気の影響で東北の日本海側や北陸を中心に局地的に大雪となる恐れがあります。引き続き、交通への影響やなだれに注意してください。

あす4日の朝 厳しい寒さが続く 通勤の際は暖かい服装で

三が日最終日のきょう、3日(日)の朝は、全国的に冷え込みがかなり強まり、北海道や東北を中心に今季一番の冷え込みになった所がありました。

特に、岩手県葛巻町では、最低気温がマイナス21.1度と1月として観測史上、最も低い気温になりました。また、岩手県奥州市若柳でも、マイナス17.1度まで下がり、年間を通して観測史上、最も低い気温を観測しました。

あす4日(月)の朝は、けさほどの冷え込みにはならないものの、厳しい寒さが続きそうです。

あすから仕事始めという方もいらっしゃるかと思います。通勤の際は、厚手のコートはもちろんのこと、マフラーや手袋などで、寒さ対策を万全になさってください。

日中の最高気温は、北海道や東北ではきょうと同じくらいの所が多く、真冬並みの寒さが続くでしょう。関東から九州は、きょうより高くなる所がほとんどで、寒さが少し緩みそうです。それでも、この時期らしい寒さの所もありますので、昼間も暖かい服装でお過ごしください。

あす4日の天気 北陸や東北の日本海側を中心に局地的な大雪の恐れ

あす4日(月)は、日本付近は冬型の気圧配置が緩みますが、北日本付近は寒気の影響を受ける見込みです。

北海道は、日本海側を中心に雪が降ったりやんだりで、吹雪く所もありそうです。吹雪による見通しの悪さにお気を付けください。

東北の日本海側から北陸も断続的に雪や雨で、局地的に降り方が強まるでしょう。雪雲や雨雲が発達する周辺では、落雷や竜巻などの激しい突風に注意が必要です。

北陸の雪は山沿いが中心になりますが、すでに平年の積雪量を超えている所があります。さらに雪の積もる量が増える所がありますので、引き続き、交通への影響やなだれに注意が必要です。

近畿北部から山陰の雪は次第にやんで、天気は回復してくる見込みです。

北海道から東北の太平洋側や関東から九州は、大体晴れるでしょう。雲が多くなる時間もありますが、天気の崩れはなさそうです。

あすも空気の乾いた状態が続きますので、火の取り扱いだけでなく、喉の乾燥にもご注意ください。喉の乾燥を防ぐためには、こまめな水分補給や室内での加湿器の使用などが効果的です。水分補給は、冷たい飲み物よりも喉に優しい温かい飲み物が良いでしょう。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい