強烈年越し寒波 日本海側は大雪 太平洋側で積雪も 警戒期間は 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

強烈年越し寒波 日本海側は大雪 太平洋側で積雪も 警戒期間は

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A


30日から冬型の気圧配置が強まり、強い寒気が広範囲に流れ込むでしょう。日本海側は広く大雪に、太平洋側も積雪となる所がありそうです。交通障害に警戒を。

年越し寒波 大雪に警戒

12月30日から1月1日頃にかけて強い冬型の気圧配置となるでしょう。上空1500メートル付近にマイナス9℃以下(平地で大雪を降らせる目安)の寒気が西日本まで流れ込む予想です。前回(12月14日から21日)よりも広範囲で大雪となるでしょう。

30日から31日は北海道の日本海側から山陰、九州北部は広く雪が降り、平地も含めて大雪となる恐れがあります。風も強まり、大荒れの天気に。猛吹雪となる恐れもありますので、立ち往生など交通障害に警戒が必要です。不要不急の外出は避けるようにしましょう。太平洋側にも雪雲が流れ込む所があるでしょう。名古屋や鹿児島などでも雪が降りそうです。普段あまり雪の積もらない所でも積雪となる可能性があります。路面状況の変化に注意が必要です。

1月1日以降も北海道から北陸を中心に雪が降り、積雪がさらに増える予想です。影響が長引く恐れがあります。食料や燃料の確保、着雪による停電に備えて懐中電灯や暖をとるものなどを備えておきましょう。

厳しい寒さ

朝は冷え込みが厳しく、最低気温は北海道ではマイナス10℃くらいまで下がる所が多いでしょう。東北はマイナス5℃ほどと、水道の凍結に注意が必要です。関東から九州の市街地でも0℃近くまで下がり、冷え込むでしょう。

日中も気温の上がり方は鈍く、北海道と東北北部は真冬日(最高気温0℃未満)に、東北南部も0℃くらいまでしか上がらないでしょう。関東から九州も10℃に届かず、5℃くらいまでしか上がらない日もありそうです。冷たい北風が吹きつけて、いっそう寒く感じられるでしょう。万全な寒さ対策をしてお過ごし下さい。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい