来週 東海などでも積雪か 日本海側で大雪の恐れ 一気に厳寒 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

来週 東海などでも積雪か 日本海側で大雪の恐れ 一気に厳寒

tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像B

画像B


週明けは冬型の気圧配置が強まり、強い寒気が南下するでしょう。東海などの平地でも雪が降り、積もる所も。日本海側は大雪の恐れがあります。

日本海側は大雪の恐れ 東海や近畿の平地でも積雪か

13日(日)に気圧の谷が日本付近を通過し、14日(月)から16日(水)頃にかけて冬型の気圧配置が強まるでしょう。北海道と東北の日本海側、北陸は雪が降り、大雪となる恐れがあります。風も強まり、ふぶく所もあるでしょう。荒れた天気となりますので、交通機関への影響に注意が必要です。

平地にも雪を降らせるような寒気(上空1500メートル付近でマイナス6℃以下)は関東から四国、九州北部付近まで南下する予想です。近畿北部から山陰でも雪が降り、平地で積もる所があるでしょう。太平洋側の一部にも雪雲が流れ込み、東海などの平地でも積雪となる所がありそうです。積雪や路面凍結に注意が必要です。車は冬の装備で、ノーマルタイヤの場合は公共交通機関の利用を検討して下さい。

厳しい寒さに

全国的に一気に厳しい寒さになるでしょう。北海道は一日中、気温が氷点下の真冬日になりそうです。東北や北陸の最高気温は3℃くらい、関東から九州も10℃に届かず、真冬並みの寒さの所が多くなるでしょう。冷たい北風が身に沁みそうです。朝は冷え込みが強まり、都心部でも氷が張るような冷え込みの日もありそうです。万全な寒さ対策をなさって下さい。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい