日本気象協会 2021年春の花粉飛散予測 第2報 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

日本気象協会 2021年春の花粉飛散予測 第2報

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像B

画像B

画像C

画像C

画像D

画像D

画像E

画像E


12月9日、日本気象協会が発表した「2021年春の花粉飛散予測 第2報」によりますと、スギ花粉は、早い所では2月上旬から飛び始め、全国的には、飛び始めは例年並みとなるでしょう。飛散量は、広い範囲で例年より少なく、九州は非常に少ない見込みです。前シーズン(2020年春)との比較では、九州から関東は飛散量が非常に多い所もあるでしょう。

スギ花粉の飛散開始時期

スギ花粉の飛散開始は、九州から東北まで例年並みとなるでしょう。2月上旬に九州や四国、関東地方の一部から花粉シーズンがスタートする見込みです。

2021年の1月、2月は西日本と東日本の平均気温は平年並みか低いでしょう。北日本は平年並みか高いものの、冬らしい寒さにより休眠打破が順調に行われて、スギ花粉の飛散開始は各地で例年並みとなる見通しです。

スギ花粉は、飛散開始と認められる前からわずかな量が飛び始めます。2月上旬に飛散開始が予測される地域では、1月のうちから早めに花粉対策を始めるとよいでしょう。

※飛散開始日

1平方センチメートルあたり1個以上のスギ花粉を2日連続して観測した場合の最初の日

2021年シーズンの花粉飛散傾向(スギ+ヒノキ)

2021年春の花粉飛散傾向予測は、九州から近畿、関東、東北の広い範囲で例年より少ない見込みです。特に、九州は例年と比較して非常に少なく、近畿でも非常に少ない所があるでしょう。東海と北海道は例年並みの予想です。

一方、前シーズン比(2020年春との比較)で見ると、九州から関東にかけて多く、四国や東海、北陸、関東の所々で非常に多くなる予想です。これは前シーズンが例年より非常に少ない、または少なかったためであり、前シーズンに花粉症の症状が弱かった人も2021年春は注意が必要です。東北北部や北海道は前シーズンより少なくなるでしょう。

スギ花粉のライフサイクル

スギ花粉は1年間を通じて、生長・形成・開花を経て、花粉を飛散します。飛散した花粉からまた生長が始まります。

各地域の花粉飛散傾向

【花粉の種類について】

北海道はシラカバ、その他はスギ・ヒノキ花粉の飛散量を表します。

【飛散量に関する言葉の説明】

非常に多い     :前シーズン (例年)の200%以上

多い        :前シーズン (例年)の150%以上200%未満

やや多い      :前シーズン (例年)の110%以上150%未満

前シーズン(例年)並 :前シーズン (例年)の90%以上110%未満

やや少ない :前シーズン (例年)の70%以上90%未満

少ない :前シーズン (例年)の50%以上70%未満

非常に少ない :前シーズン (例年)の50%未満

-----------------------------------------------------------

前シーズン  :2020年シーズン飛散量

例年 :過去10年(2011~2020年)の平均値

【2020年夏の気象に関する言葉の説明】

平年 :1981~2010年の平均値



2021年の花粉対策に向け、ぜひお役立てください。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい