26日 関東以西は秋晴れも気温変化大 時間ごとの服装ポイントは? 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

26日 関東以西は秋晴れも気温変化大 時間ごとの服装ポイントは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A

画像B

画像B

画像C

画像C


あす26日も、沖縄や九州から関東は大体晴れますが、引き続き朝晩と日中の寒暖差が大きくなります。一方、東北と北海道の日本海側で、にわか雨がありますが、風は次第に弱まりそうです。

関東以西は秋晴れ続く

九州から関東は、あすも引き続き高気圧に覆われるため、青空が広がり秋晴れとなる見込みです。北陸も、多くの所で天気が回復に向かいます。昼間はこの時期らしく、過ごしやすい陽気でしょう。

昼間と朝晩で体感が違う

九州から関東は今夜も晴天が続く一方、夜明けにかけて放射冷却が強まります。今朝も北からの冷たい空気に加え、放射冷却が強まった影響で、各地でこの秋一番の冷え込みになりましたが、あすの朝も内陸を中心に10度以下と冷え込む見込みです。昼間は過ごしやすいですが、一日を通してみると、時間によって体感が変わります。各地の気温の時系列予想と上図「服装の目安」を照らし合わせて、服装選びの参考になさってください。なお、一般的に気温5℃の変化で、服装が一枚分変わるといわれています。

北日本の強風は弱まる

北海道の北にある、上空に寒気を伴う発達した低気圧は、次第に北海道から離れる見込みです。東北や北海道は日本海側を中心に、あすも寒気や気圧の谷に伴う雲が多いですが、雨の範囲はきょうよりも狭まりそうです。また、等圧線の間隔は緩やかになり、西寄りの強風も弱まる見通しです。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい