台風9号 非常に強い勢力で接近 沖縄は猛烈な風が吹く恐れ 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

台風9号 非常に強い勢力で接近 沖縄は猛烈な風が吹く恐れ

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像B

画像B


台風9号は31日(月)から9月1日(火)にかけて非常に強い勢力で沖縄に接近するでしょう。接近時に台風は発達のピークを迎える見込みで、最大瞬間風速は70メートルが予想されています。沖縄は猛烈な風が吹く恐れがあり、警戒が必要です。

台風9号 非常に強い勢力で沖縄に接近へ

29日、午後3時現在、台風9号はフィリピンの東でほとんど停滞しています。

台風9号は今後、発達しながら北上するでしょう。日本の南の海域は海面水温が広く30℃前後と台風の発達しやすい状況となっています。台風9号は31日(月)から9月1日(火)にかけて、非常に強い勢力で沖縄へ接近する予想です。沖縄接近時に台風は発達のピークを迎える見込みで、中心気圧は925ヘクトパスカルまで下がり、最大瞬間風速は70メートルが予想されています。前回の台風8号よりも強い勢力で、沖縄に接近する予想で、いっそうの警戒が必要です。

その後、台風が予報円の中心を進む場合、9月2日(水)は非常に強い勢力を保ったまま、九州の西の東シナ海を北上するでしょう。台風が予報円の東側を進む場合、九州を暴風域に巻き込む恐れもあります。9月3日(木)には日本海へ進むでしょう。

警戒点は?

【沖縄】台風の接近に伴って、31日(月)から9月1日(火)頃は猛烈な風が吹くでしょう。猛烈な風とは特急電車並みの速度で、走行中のトラックが横転し、多くの樹木、電柱や街灯でも倒れてしまうものがでるほどの風です。屋外での活動は危険となりますので、食料の買い出しなどは30日(日)までに済ませておくと良いでしょう。飛ばされやすいものは片づけておくなど、早めに台風への備えをなさって下さい。海上は猛烈なしけとなりますので、海岸付近には近づかないようにして下さい。台風の活発な雨雲がかかり、警報級の大雨となる恐れもあります。また、大潮の時期と重なるため、高潮にも警戒が必要です。

【奄美】31日(月)から9月1日(火)にかけて雨や風が強まり、大荒れの天気となる恐れがあります。海上は大しけとなる可能性があります。早めの台風対策を心がけて下さい。

【西日本】9月1日(火)頃から3日(木)頃は台風周辺の湿った空気が流れ込み、九州や四国の太平洋側を中心に所々で雨雲が発達するでしょう。台風の進路によっては九州を中心に暴風が吹き、大荒れの天気となる恐れがあります。

この情報は29日(土)の資料をもとに作成しています。台風の進路によっては荒天の期間や影響が変わる可能性があり、最新の台風情報にご注意下さい。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい