九州 かかり続ける活発な雨雲 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

九州 かかり続ける活発な雨雲

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像B

画像B


きょう12日も、活発な雨雲が九州にかかり続けており、現在、長崎県五島地方から熊本県北部、宮崎県北部にかけて激しい雨が降っている所があります。また、きのう11日から激しい雨が降り続いている熊本県では、山都町や御船町周辺で土砂災害の危険度が「きわめて危険」なレベルとなっており、厳重な警戒が必要です。

梅雨前線沿いに活発な雨雲発生

梅雨前線は、きのう11日から九州北部付近に停滞し続けており、活発な雨雲が途切れることなく九州にかかり続けています。きょう12日は、長崎県五島地方から激しい雨が降りだしており、東西に延びる帯状の雨雲により、長崎県南部や熊本県北部、宮崎県北部などでも雨脚が強まっています。また、前線から少し南に離れた鹿児島県や宮崎県南部周辺でも一部活発な雨雲が発生し、局地的に雨脚が強まっています。

梅雨前線は、きょう12日は夜にかけて対馬海峡付近へ北上する見込みです。前線に向かって流れ込む湿った空気の影響で、九州はこのあと昼ごろにかけて激しい雨に注意が必要です。

熊本県 山都町や御船町中心に土砂災害危険度高い

熊本県では、きのう11日から激しい雨が降り続けています。特に、山都町では、12日午前6時までの24時間の雨量が367.5ミリと記録的な大雨が観測されており、御船町周辺にかけて土砂災害の危険度が「きわめて危険」なレベルとなっています。熊本県に限らず、九州は、これまでに降った大雨の影響で土砂災害や洪水の危険度が高い状態が続いており、引き続き警戒が必要です。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい