日曜日にかけて「滝のような雨」 梅雨前線活発 大雨に警戒 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

日曜日にかけて「滝のような雨」 梅雨前線活発 大雨に警戒

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A

画像B

画像B


今夜遅くにかけて関東を中心に滝のような非常に激しい雨の降る所も。13日(土)から14日(日)にかけても梅雨前線の活動は活発で、九州北部から北陸を中心に大雨に警戒が必要です。

今夜遅くにかけて関東中心に非常に激しい雨の所も

12日(金)は梅雨前線が本州付近に延び、九州から関東では所々で雨雲が発達しています。鹿児島県枕崎市や茨城県高萩市大能などでは1時間に30ミリ以上の激しい雨が降りました。今夜遅くにかけても関東などで非常に激しい雨の降る所があるでしょう。道路の冠水や地下街などの低い土地の浸水に注意、警戒が必要です。

土日は日本海側を中心に大雨の恐れ

13日(土)も梅雨前線は本州付近に停滞するでしょう。前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込み、前線の活動が活発です。九州北部は午前中にかけて、中国地方は午後にかけても発達した雨雲が次々とかかるでしょう。局地的に非常に激しい雨が降りそうです。非常に激しい雨とは滝のような雨で、道路が一気に冠水してしまうこともあり、警戒が必要です。九州南部から関東甲信でも所々で雨が降り、雨脚の強まる所があるでしょう。

14日(日)は梅雨前線上に低気圧が発生し、北陸付近を進むでしょう。北陸を中心に非常に激しい雨が降り、大雨となる恐れがあります。6月の平年ひと月の雨量の8割程度に達す所もあるでしょう。土砂災害、低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に警戒が必要です。東北や北海道でも15日(月)にかけて雨が降り、雨脚が強まるでしょう。

梅雨入り早々大雨 備えを

以前は、梅雨の前半はシトシトと弱い雨が降り続くような「陰性型の梅雨」が現れやすく、梅雨後半になると集中豪雨などが発生しやすくなる「陽性型の梅雨」が現れやすいとされていました。

ただ、近年は梅雨の前半、後半にかかわらず、梅雨入り早々に大雨になることがしばしばあります。今回も梅雨に入ったばかりですが、大雨の恐れがあります。今年も本格的な大雨シーズンに入りました。新型コロナの影響が続く中で迎える大雨シーズンです。「【特集】新型コロナと自然災害に備えて」も参考になさって、早めに大雨に備えるようにして下さい。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい