20日 局地的に激しい雨 東海や関東で再び大雨に 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

20日 局地的に激しい雨 東海や関東で再び大雨に

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像B

画像B

画像C

画像C


きょう(20日)は活発な雨雲が次第に東へ。西日本の雨のピークは越えつつありますが、東海や関東は再び大雨になる所も。土曜日の大雨で地盤が緩んでいる所もあるため、土砂災害などに注意・警戒して下さい。

再びまとまった雨 土砂災害などに注意・警戒

けさ(20日)にかけて、西日本の太平洋側で局地的に激しい雨となり、高知県室戸市の佐喜浜では1時間に41ミリ、土佐清水市では35.5ミリの激しい雨が降りました。

午前6時現在、紀伊半島周辺や東海の山沿いに発達した雨雲がかかっています。

西日本の雨のピークは越えつつありますが、あと1~2時間は雨の降り方に注意して下さい。

この発達した雨雲が昼過ぎにかけて東海にかかりそうです。局地的に1時間に30ミリ以上の激しい雨が降り、大雨になる所があるでしょう。関東も昼過ぎまでは広く雨が降り、沿岸部は夕方まで雨が降りそうです。

先日土曜日の大雨で地盤が緩んでいる所では、少しの雨でも土砂災害の発生する危険度が高まります。周りの状況をよく確認して、安全にお過ごし下さい。

北日本も 広く雨に

今夜(20日)には、本州の南岸を進む低気圧は関東沖へ。山陰付近を北上する低気圧は日本海北部へ進む予想です。

東北は次第に雨の範囲が広がるでしょう。南部は夜になると雨はやんできますが、北部はあすの昼頃にかけて雨の降る所がありそうです。

北海道は天気が下り坂。午後は南西部から雨雲がかかり始め、夜は広く雨が降るでしょう。東部は雪の降る所がありそうです。

関東 初夏の陽気から一転 気温急降下

最高気温はきのうと同じくらいか低い所が多いでしょう。

きのうより大幅に低くなるのが関東です。

きのう(19日)との気温差は、東京都心や横浜などで10度くらい。3月中旬から下旬並みの所が多く、厚手の上着が欲しいくらいの気温です。

西日本は次第に天気が回復して、20度を超える所も。ただ、西よりの風が強まり、ヒンヤリした空気が流れ込むため、気温ほどの暖かさはないでしょう。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい