あす 北は猛ふぶき 西・東は晴れる所も風冷たい 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

あす 北は猛ふぶき 西・東は晴れる所も風冷たい

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A

画像C

画像C

画像F

画像F


あす5日(木)は、日本の東で低気圧が発達。北海道は大雪や猛ふぶきに警戒。東北も暴風の恐れ。関東の平野部など晴れる地域でも風が冷たく感じられそう。

低気圧発達 北海道・東北で暴風 北海道は大雪の恐れ

5日(木)は、日本の東で低気圧が発達するでしょう。全国的に北または西風が吹き、北海道や東北を中心に非常に強く吹く見込みです。

北海道は、ほぼ丸一日、雪が降るでしょう。特に、太平洋側は未明から、オホーツク海側は昼過ぎから雪の降り方が強まり、大雪の恐れがあります。重たく湿った雪で、電線に着雪することで停電が発生することも考えられます。携帯などの充電、懐中電灯の準備などしておくとよいでしょう。猛ふぶきや吹きだまりによる交通への影響に警戒が必要です。

予想される最大瞬間風速と降雪量

5日(木)に予想される最大瞬間風速は、北海道地方と北陸地方35メートル、東北地方30メートルです。固定されていないプレハブ小屋が移動したり、転倒したりするほどの風です。

5日(木)18時までの24時間に予想される降雪量は、多い所で北海道地方70センチです。一気に積雪が増える恐れがあります。

北海道 高潮の恐れ 浸水害に注意

北海道では、発達する低気圧や海岸に向かって吹く強風により、高潮の恐れがあります。根室湾など、海岸沿いの地域では浸水害に注意が必要です。

日本海側 竜巻など激しい突風にも注意

本州には、日本海から発達した雪雲が次々に流れ込むでしょう。上空5500メートル付近でマイナス33度以下の寒気が、日本海中部まで南下し、東北の日本海側や北陸を中心に、大気の状態が非常に不安定になります。東北の日本海側や北陸周辺では、カミナリが鳴り、雪の降り方が強まるでしょう。これらの地域では、強風が吹くばかりではありません。竜巻などの激しい突風が吹くこともあります。発達した積乱雲が近づく兆しがある場合は、建物の中など安全な場所へ移動してください。

雪雲 太平洋側へも

東北では、午後は雪雲が太平洋側にも流れ出すでしょう。関東も北部の山沿いで昼頃から雪が降る見込みです。

関東の平野部など日差したっぷり 実際の気温と体感気温は違う

関東の平野部など、太平洋側の地域では、日差しがたっぷり届く所があるでしょう。冷たい風が吹きますので、予想される気温より寒く感じられそうです。

実際に感じられる気温は、1メートルの風が吹くごとに1度低いともいわれます。5日(木)の東京都心の日中の気温は10度を超え、昼頃は15度くらいまで上がる見込みです。北西の風が5メートルから7メートルと予想されていますので、体感的には10度以下ということになります。風を通しにくい服装を選ぶとよいでしょう。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい