大分、広島で黄砂観測 秋の黄砂は6年ぶり

2019/10/30 10:50

メイン画像
メイン画像
本日(30日)、大分と広島で黄砂が観測されました。秋の黄砂は珍しく、全国としても6年ぶりとなります。 6年ぶりの秋の黄砂 大陸で巻き上げられた砂が上空の西風に乗って、今日(30日)、日本に飛来してきました。午前9時47分に大分県で黄砂が観測(視程は10km以上)され、その後、午前10時30分に広島でも観測(視程10km以上)されています。秋としては、珍しく全国でも6年ぶりのこととなります。気象衛星ひまわりでも、茶色い砂が日本付近に到達しているのが確認できます。このあと、西日本を中心に黄砂が舞う可能性があります。洗濯物や車の汚れなどにお気をつけ下さい。 ※黄砂は春の使者とも呼ばれ、3月から5月頃に日本へ飛来することが多いですが、低気圧と高気圧が交互に通過して周期変化する秋も、ごくまれに黄砂が日本へ飛来することがあります。 ※視程とは、水平方向の見通しです。

あわせて読みたい

  • めずらしい秋の黄砂 10地点以上で観測

    めずらしい秋の黄砂 10地点以上で観測

    tenki.jp

    10/30

    九州 29日夜から30日、黄砂飛来の可能性

    九州 29日夜から30日、黄砂飛来の可能性

    tenki.jp

    10/29

  • 広島で黄砂を観測 1月の黄砂は全国でも珍しい

    広島で黄砂を観測 1月の黄砂は全国でも珍しい

    tenki.jp

    1/14

    福岡で「黄砂」を観測 午後も飛来の可能性あり

    福岡で「黄砂」を観測 午後も飛来の可能性あり

    tenki.jp

    1/16

  • 32年ぶり 黄砂が6月中旬に飛来

    32年ぶり 黄砂が6月中旬に飛来

    tenki.jp

    6/12

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す