きょう帰宅時も激しい雨 この先は残暑のち大雨 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

きょう帰宅時も激しい雨 この先は残暑のち大雨

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A

画像B

画像B

画像C

画像C

画像D

画像D


今夜(23日)は近畿を中心に激しい雨による浸水などに注意。土日は関東周辺で厳しい残暑。来週は前線が再び北上し、西日本で大雨となる所があるでしょう。

金曜夜 雨雲や雷雲発達

きょう23日(金)の日中は、北海道から九州にかけての所々に発達した雨雲や雷雲がかかり、1時間に30ミリを超えるような激しい雨の降った所もありました。今夜にかけては低気圧が北日本を通過し、低気圧から延びる寒冷前線が本州をゆっくり南下します。このため夜の帰宅時もあちらこちらで雨が降り、ワイパーを速くしても前が見づらくなるような強い雨の降る所があるでしょう。局地的には道路が川のようになるほど激しい雨が降りそうです。特に近畿周辺で雨雲が発達しやすく、いったん雨のやんだ所も、急な激しい雨による浸水や冠水などに注意してください。

土曜 関東・東海は日差しで気温上昇

あす24日(土)は、低気圧が北海道の東へ進み、前線が本州南岸から九州南部に停滞します。北海道は新たに発生する低気圧の影響もあって日本海側を中心に雨や雷雨があるでしょう。前線が離れる東北や北陸は午後を中心に日差しが届きそうです。関東や東海も昼頃からは晴れ間が広がり、気温は32度前後まで上がるでしょう。日中は湿度が下がって蒸し暑さは若干軽減されますが、かといって秋のさわやかさはなさそうです。引き続き屋外での活動は暑さ対策を忘れないようにしましょう。近畿から九州は太平洋側へ行くほど前線の影響を受けやすく、雲が厚くなるでしょう。九州では夕方にかけて局地的に雷を伴って激しい雨が降りそうです。

日曜 残暑続く

25日(日)も関東や東海は厳しい残暑が続きます。朝晩の気温はこれまでより少し下がって、熱帯夜の所は少ないでしょう。内陸部を中心にだいぶしのぎやすくなるでしょう。ただ、日中は日の差す時間があって、平野部の最高気温は広く32度前後の予想です。夏の疲れも出る頃で、体にこたえる残暑になりそうです。

来週 前線が再び北上 大雨か

来週27日(火)頃からは前線が再び北上して、雨の範囲が広がるでしょう。特に28日(水)にかけては前線の活動が活発になって、西日本を中心に雨の量が多くなる可能性があります。tenki.jpで最新の情報をチェックしてください。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧



おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい