台風9号と10号 非常に強い勢力へ 特徴と影響は 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

台風9号と10号 非常に強い勢力へ 特徴と影響は

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A

画像B

画像B


大型で強い台風9号は非常に強い勢力に発達し、先島諸島に接近へ。大型の台風10号も非常に強い勢力に発達し、北上する予想。予報円はまだかなり大きいですが、動向に注意が必要です。

台風9号は先島諸島へ

大型で強い台風9号は8日(木)から9日(金)にかけて石垣島など先島諸島に接近するでしょう。非常に強い勢力で接近するため、沖縄では先島諸島を中心に大荒れの天気となりそうです。7日(水)夜から非常に強い風が吹き、海上では大しけとなるでしょう。8日(木)から9日(金)は猛烈な風が吹き、海上では猛烈なしけとなる恐れがあります。予想される最大風速は45メートル、最大瞬間風速は60メートルと走行中のトラックが横転してしまうような暴風が吹き荒れる恐れがあります。波の高さは12メートルの予想です。暴風や高波に厳重な警戒が必要です。荒天の期間中は不要不急の外出は避けるようにして下さい。沖縄では台風の接近に伴って、活発な雨雲がかかり、大雨となる恐れもあります。土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水に十分注意して下さい。奄美の海上でも大しけとなるでしょう。

台風10号 発達し北上

大型の台風10号は小笠原近海を北上しています。今後、非常に強い勢力に発達。10日(土)から11日(日)頃にかけて小笠原諸島に接近し、小笠原諸島では大荒れの天気となる恐れがあります。高波に警戒し、強風、土砂災害、低い土地の浸水、河川の増水に注意、警戒が必要です。
その後の台風10号の予報円はかなり大きく、進路の予想に幅のある状況です。ただ、台風10号は大型(風速15m/s以上の半径が500km以上800km未満)なうえ、台風本体の活発な雨雲も大きいため、影響範囲が広くなることが予想されます。本州付近でもお盆休みの中頃に台風10号の影響を受ける可能性があります。移動の多い時期ですが、台風の進路次第では交通機関にも影響を及ぼす恐れもあり、注意が必要です。
台風の進路は不確実性が大きいものの、太平洋側の海上ではうねりが入って波がやや高いため、天気は穏やかでも海水浴は注意が必要です。11日頃からは大しけとなる恐れもあり、海のレジャーは予定の変更も視野に入れて、無理のないようにして下さい。
なお、この情報は7日午後の情報をもとに作成しています。台風の進路次第で影響が変わる可能性があり、最新の情報に注意して下さい。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい