東海地方 日照不足と低温に関する情報

2019/07/16 18:32

メイン画像
メイン画像
東海地方では6月28日頃から日照時間が少ない状況が続いており、7月8日頃から気温の低い状態が続いています。この状態が今後1週間程度は続くとして、名古屋地方気象台は16日に「日照不足と低温に関する東海地方気象情報」を発表しました。 東海地方 日照時間が少なく、気温が低い状態 きょう16日、名古屋地方気象台は「日照不足と低温に関する東海地方気象情報」を発表しました。東海地方では6月28日頃から、前線や湿った空気の影響で、日照時間が少ない状態が続いています。6月28日から7月15日までの日照時間は平年の50%以下の所が多くなっています。また、平均気温は曇りや雨の日が多いことや冷たい空気の影響を受けて、最近の一週間は平年より2度程度低くなっています。この状態は、今後1週間程度は続く見込みです。農作物の管理等に十分注意してください。

あわせて読みたい

  • 北日本・東日本の太平洋側 日照不足と低温の情報

    北日本・東日本の太平洋側 日照不足と低温の情報

    tenki.jp

    7/8

    北海道 日照不足に関する情報

    北海道 日照不足に関する情報

    tenki.jp

    6/29

  • 北海道 日照不足と多雨に関する情報発表

    北海道 日照不足と多雨に関する情報発表

    tenki.jp

    7/2

    東北南部と東海 日照不足と長雨に関する情報 10日間程度続く

    東北南部と東海 日照不足と長雨に関する情報 10日間程度続く

    tenki.jp

    7/13

  • 関東甲信 梅雨明けまだ? 日照不足・長雨の情報

    関東甲信 梅雨明けまだ? 日照不足・長雨の情報

    tenki.jp

    7/22

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す