北海道オホーツク海側 厳しい暑さ続く 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

北海道オホーツク海側 厳しい暑さ続く

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像


記録的な暑さが続く北海道。きょう(28日)は、きのう(27日)までより、幾分暑さの落ち着く地域が多くなりますが、オホーツク海側ではきょう(28日)も厳しい暑さが続きます。引き続き、熱中症や食品の管理に注意して下さい。

熱中症・食品の管理に注意

道内では、おととい(26日)、きのう(27日)と2日連続、十勝地方の帯広や音更町駒場、本別、芽室、足寄で、最高気温が35度以上の猛暑日となりました。また、札幌もきのう(27日)は34度2分まで上がるなど、5月としては記録的な暑さとなりました。
週末から記録的な暑さの続く道内ですが、きょう(28日)午後1時までの最高気温は、網走地方の津別で30度8分、斜里町宇登呂で30度5分とオホーツク海側では真夏日となっている所があり、道内では4日連続の真夏日となっています。きょう(28日)の予想最高気温は、オホーツク海側で30度くらいまで上がる見込みで、厳しい暑さが続きます。引き続き、屋外だけでなく、室内でも扇風機や冷房を使用するなど涼しい環境を心がけ、熱中症に注意して下さい。また、道内には広く食中毒警報が発令されています。調理や食事の前にはよく手を洗い、食品を常温に長時間置かず、しっかり加熱して食べるなど、食品の管理に十分注意して下さい。
日本海側や太平洋側は内陸で24度前後、沿岸で20度くらいと、幾分暑さの落ち着く所が多くなりそうです。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい