GWの天気 晴天続かず 行楽日和は少ない? 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

GWの天気 晴天続かず 行楽日和は少ない?

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A

画像B

画像B


今年のGWは晴れの天気が長続きしません。27日は北海道や東北北部の平地でも雪が積もり、雨のやむ所も冷たい北風。28日は広く晴れますが、29日は次第に雨で、1日にかけて傘が必要な所がありそう。

27日(土) 北は季節外れの雪 全国的に北風冷たい

GW初日は、季節外れの雪や寒さに注意が必要です。本州付近の上空には2月下旬並みの強い寒気が流れ込みます。きょう26日(金)夜から27日(土)にかけては北海道や東北北部の広い範囲で雪が降り、平地でも雪の積もる所があるでしょう。帰省や行楽で車を運転する方が多いと思いますが、峠道では雪の装備が欠かせません。また、雪が積もらなくても、路面が凍結して滑りやすくなる所がありそうです。スリップ事故など交通障害が発生することも考えられますので、最新の交通情報を確認し、時間に余裕を持って出発しましょう。東北南部は朝晩を中心に雨で、北陸も雨が降ったりやんだり。標高の高い所では雪になるでしょう。関東は広く雨が降るのは朝までですが、沿岸部では昼頃まで雨が残りそうです。東海から九州は朝まで雨や雷雨の所がありますが、日中は晴れるでしょう。ただ、全国的に北西の風が強く、気温の上がり方は鈍くなります。北海道から北陸はもうすぐ5月とは思えない寒さに。関東から九州でも最高気温が20度に届かない所が多く、空気がヒンヤリしそうです。

28日(日) 広く晴れ ただ朝は冷える

28日(日)、本州付近は広く高気圧に覆われます。北海道から九州にかけての広い範囲で晴れるでしょう。冷たい北風も弱まり、日中は過ごしやすい陽気の所が多くなります。GW前半では、一番の行楽日和といえそうです。ただ、朝は気温がグッと下がり、この時期としては冷えそうです。早朝のお出かけは暖かい服装をご用意ください。また、紫外線が強まっていますので、屋外の行楽は日焼け止めが必要です。帽子や日傘も用意するとよいでしょう。

29日(月)~1日(水) 雨雲東進 雨脚強まる所も

晴れの天気は長続きしません。29日(月・昭和の日)には西から低気圧が近づいて、九州から近畿を中心に雨が降りだすでしょう。東海から北海道も天気は下り坂で、弱い雨の降る所もありそうです。お出かけ先ではtenki.jpの雨雲の動きや豪雨レーダーをこまめにチェックするとよさそうです。30日(火)は広い範囲で雨が降るでしょう。西日本では発達した雨雲がかかり、局地的に雨の量が多くなりそうです。ただ、雨でも寒さはないでしょう。1日(水・天皇の即位の日)も西日本は雨の予想で、そのほかの各地も低気圧の動き次第で雨の予報に変わる可能性があります。最新の天気予報をご確認ください。

GW後半 すっきり晴れる日は少ない?

2日(木)から3日(金・憲法記念日)は高気圧に覆われて晴れる所が多いですが、平年より冷たい空気が流れ込むため、日本海側を中心に雲が広がりやすくなる可能性があります。さらにtenki.jpの10日間予報(26日14時発表)では、4日(土・みどりの日)~5日(日・こどもの日)は雨マークの所が多く、晴れマークの所も降水確率がやや高くなっています。急に雨が降ってきたり、気温があまり上がらなかったりする可能性がありますので、長い期間、外出される方は雨具と、羽織る物など調節しやすい服装を準備しましょう。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい