ゴールデンウィーク 天気の注意点「平成最後の雪も」 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

ゴールデンウィーク 天気の注意点「平成最後の雪も」

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像


平成から令和へのGWは、地方によって、天気の注意点が違います。平成最後の寒気が入るので、関東の山など「本州でも雪」の予想。北海道は「平地でも積雪」となるため、交通機関の乱れに注意。10連休は「寒の戻り」や「大雨」の所もありそうなので、最新情報をもとに解説します。

注意点① 北海道・東北北部 雪の降りだしは26日から

26日の午後は、平成最後の寒気が、徐々に南下するでしょう。今回の「寒気の底」は、27日頃。27日の朝には、平地でも雪を降らせる目安となる強い寒気が、北海道や東北北部の上空に流れ込む予想です。このため北海道や東北北部では、10連休が始まる前日、26日の昼頃から次第に、湿った重い雪が降るでしょう。
今回は、平地でも雪が降るのがポイント。札幌や盛岡でも、26日の夜から27日は、雪やみぞれになる可能性があり、すでに桜が開花している所では、桜と雪の共演が見られそうです。雪は27日にかけても断続的に降るため、北海道はオホーツク海側を中心に、平地でも積雪状態となるでしょう。東北北部の平地でも、積雪となる所がありそうです。

注意点② 北海道・東北北部 道路を走行する際の注意点 交通機関への影響も

26日夜から27日にかけては、北海道や東北地方の標高の高い所では、この時期としては、まとまった降雪が予想されます。道路の上にも雪が積もり、車はノーマルタイヤでの走行は非常に危険な状況となりそうです。北海道~東北を走行する車両で、ノーマルタイヤに履き替えた方は、タイヤチェーンなど冬装備をしっかり行って、安全走行をおねがいします。
また、交通機関への影響も心配されますし、冬装備のない方は、27日以降に日程変更するなど、「出控え」の選択ができると安心です。北海道や東北北部の標高の高い所では、いっきに冬景色に逆戻りするため、山へ出かける予定の方は、予定の変更を視野に入れることも考えて下さい。

注意点③ 関東北部・北陸 標高の高い所は「季節外れの雪」

今回、雪が降るのは、北海道や東北北部だけではありません。関東北部や北陸の標高の高い所でも、雪雲がかかるでしょう。群馬県草津町や、みなかみ町などでは、26日の雨が次第に雪に変わり、27日にかけて、うっすら白くなる所もありそうです。この方面へお出かけの方は、季節外れの雪で道路が滑りやすくなる恐れがありますので、ご注意下さい。
また、新潟県でも標高の高い峠を中心に、積雪や路面の凍結によって、交通機関に影響がでる恐れがあります。レジャーなどで山へ出かける場合は、冬山と同等の装備を用意するなど、十分な対策を心がけて下さい。

注意点④ ゴールデンウィーク前半は 寒の戻り

寒気が入るため、ゴールデンウィーク前半は、全国的に「寒の戻り」となるでしょう。連休初日の27日は、この時期にしては気温が低いだけでなく、全国的に北風が冷たくなりそうです。お出かけには、春のコートにプラスして、ストールなどがあると良いでしょう。28日の朝も冷える所が多く、関東から西の平野部でも、最低気温は「ひと桁」の所が多い予想です。
25日に発表された、最新の1か月予報でも、4月27日~5月3日の平均気温は、北海道から九州にかけて平年より低く、東日本や西日本では5月4日~10日の平均気温も平年より低い予想です。寒さで連休中に体調を崩さないよう、予想気温をしっかりチェックしながら、服装を選んで下さい。

注意点⑤ 西日本 29日~30日 平成最後の大雨か

そして、29日~30日は、低気圧が西日本から東日本へ進むでしょう。29日は西日本を中心に雨が降り、30日は東日本にも雨雲がかかりそうです。今のところ、活発な雨雲は西日本の太平洋側が中心で、低気圧の進むコースによっては、西日本で大雨となる恐れがあります。雨の降り方に注意するとともに、お出かけの際は、最新の予報をチェックして下さい。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい