7日は花散らしの雨の所も 局地的に雨脚強まる 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

7日は花散らしの雨の所も 局地的に雨脚強まる

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像


7日(日)のお出かけは広い範囲で雨具が必要です。桜が見頃を過ぎた所では花散らしの雨となるでしょう。

局地的に雨脚が強まる 雨の降り方に注意を

【予想気圧配置】
日本海から東北付近へ延びる前線が次第に南下する見込みです。前線に向かって南から湿った空気が流れ込むため、局地的に雨雲が発達するでしょう。
【全国各地の天気(7日:日曜)】
沖縄と九州南部は晴れるでしょう。九州北部、四国、山陽、近畿、東海は午前は晴れますが、昼すぎ以降は次第に雨雲がかかる見込みです。一時的に雨脚の強まることもあるでしょう。桜が見ごろを過ぎた所では花散らしの雨となりそうです。山陰と北陸は夕方にかけて雨が降るでしょう。関東甲信は昼頃まで大体晴れる見込みです。午後は山沿いを中心に、にわか雨の所があるでしょう。東北は雲が広がりやすく、日本海側は昼前後に雨や雷雨となる見込みです。北海道は大体晴れますが、にわか雪やにわか雨の所があるでしょう。
【全国各地の最高気温(7日:日曜)】
最高気温は沖縄と九州から関東にかけては、太平洋側を中心に平年より高い見込みです。沖縄は25度以上で汗ばむ陽気でしょう。九州や四国、山陽、近畿、東海、関東甲信は20度前後で、昼間のお出かけは羽織る物が無くても良さそうです。一方、山陰、北陸は13度から14度くらいで平年よりも低いでしょう。雨が降るといっそうヒンヤリと感じられそうです。東北は13度前後、北海道は8度前後で、この時期らしい気温が続くでしょう。重ね着などで上手に調節して、お過ごし下さい。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい