土日とも大気不安定 急な強い雨や雷雨に注意 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

土日とも大気不安定 急な強い雨や雷雨に注意

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp

メイン画像

メイン画像


この土日のお出かけは空模様の変化に要注意。中国と四国、近畿、東海、北陸、関東にかけて大気の状態が不安定で、日が差していても急に強い雨が降り出したり、雷雨になる所がある見込み。

16日 午前を中心に所々で雷雨 関東は夕方まで

西日本から東日本の上空には、この時期としては強い寒気(上空5500m付近で氷点下30度以下)が流れ込んでいます。大気の状態が不安定で、今朝、あちらこちらで雨や雷雨となっています。昼頃にかけても広い範囲で雨雲の発達しやすい状況が続くでしょう。突然の強い雨や、落雷、突風に注意が必要です。ひょうが降ってくるおそれもあります。急にヒンヤリした風が吹いたり、ゴロゴロという音がきこえてくるのは、発達した積乱雲が近づいているサインです。できるだけ速やかに建物の中などに移動しましょう。なお、関東では寒気の影響が長引き、夕方にかけても雨や雷雨の所がありそうです。
【各地の天気(西から)】
沖縄は晴れるでしょう。
九州は明け方までは雨の所がありましたがすでに止んでおり、日中から夜にかけて各地で晴れそうです。
中国と四国、近畿、東海は「昼前」まで所々で雨や雷雨。昼過ぎからは晴れる見込みです。
北陸は「昼過ぎ」まで雲が多く、ときおりザッと雨が降ります。山沿いは雪の所もあるでしょう。カミナリを伴い強く降るおそれもあります。
関東甲信は晴れ間がありますが「夕方」まで所々で雨雲や雷雲が湧くでしょう。お出かけの際に日が差していても、念のため雨具をご用意ください。
東北南部はおおむね晴れるでしょう。北部では朝晩を中心に雨や雪の所もありますが、それほど強く降ることはなさそうです。
北海道は、低気圧が近づいているため、今朝は南西部と東部で雪が降っており、沿岸部では久しぶりの積雪となっている所もあります。南西部の雪は昼頃には止んできますが、東部は一日雪が降ったりやんだりで、沿岸部もさらに積雪が増えるおそれがあります。北部は昼前後を中心に雪が降るでしょう。
【最高気温】
きのうと同じか低い所が多いでしょう。
沖縄はきのうと同じくらいで、那覇は20度の予想です。九州から東海、北陸、関東は、きのうより低く、福岡は14度、高知は16度、広島は14度、大阪は13度、名古屋は15度、金沢は10度、東京は13度の予想です。北よりの風が強めに吹き、体感温度はさらに下がるでしょう。東北は広く晴れるため、きのうより高く、仙台は12度、秋田は10度まで上がる見込みです。北海道はきのうと同じくらいで、札幌は4度、釧路は1度の予想です。

17日 再び雨雲や雷雲が発達

きょう上空に流れ込んでいる寒気は離れますが、あすは新たに寒気が流れ込んできます。
この影響を強く受けるのは「中国・四国、近畿、東海、北陸、関東」です。広い範囲で日が差しますが、「中国・四国、近畿の日本海側、北陸」の早い所では朝から雨雲や雪雲が湧いてきます。「近畿の太平洋側、東海、関東」も、昼頃からは所々で雨や雷雨がありそうです。あすも、お出かけの際は空模様の変化に十分に気を配ってください。
なお、あさって18日(月)は、日本付近は高気圧に覆われ、上空の寒気も離れます。広い範囲で晴れて、洗濯日和となりそうです。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい