東海 あすは行楽日和だが花粉対策を 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

東海 あすは行楽日和だが花粉対策を

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp

メイン画像

メイン画像

画像A

画像A

画像B

画像B


東海地方の天気は、この時期らしい短い周期変化になっています。加えて今年は、「暑さ寒さも彼岸まで」の彼岸(春分)を待たずして、気温でも春を感じられる日が多くなってきました。晴れる日は季節を先取りした陽気になることが多く、天気が崩れる日も雪ではなく雨の所が大半になっています。あすからの土日をみてみると、土曜日は晴れて春本番の陽気、日曜日は天気下り坂で雨になりそうです。お出かけの計画はあす土曜日がオススメですが、花粉症の方は万全の対策が必要です。

土曜日は晴れて春本番の陽気に

あす土曜日の本州付近は、移動性高気圧に覆われる見込みです。飛騨地方などを含めて各地ともおおむね晴れるでしょう。夕方以降は次第に薄雲が広がる所がありますが、天気の崩れはない見込みです。
日中の気温は3月下旬並みで、春本番の陽気になるでしょう。きょうと比べて風も多少収まる見込みです。
平野部を中心に空気が乾燥するため、火の取り扱いにご注意ください。また、花粉は全般に非常に多く飛ぶ見込みです。花粉症の方は万全の対策をなさってください。

日曜日は天気下り坂

あさって日曜日は、本州南岸を低気圧が東に進む見込みです。東海地方には南から湿った空気が流れ込む影響で雲に覆われ、午後は次第に雨が降るでしょう。上空には暖かい空気が流れ込むため、岐阜県山間部で降り始めに雪が交じる所がある程度で、雨で降る所が多い見込みです。日差しが無いため、特に雨の降り出す午後は少し寒くなりそうです。
お出かけされる場合は、出発時に雨が降っていなくても、雨具をお持ちになってください。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい