東海の最高潮位 伊勢湾台風に匹敵か 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

東海の最高潮位 伊勢湾台風に匹敵か

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp

メイン画像

メイン画像

画像A

画像A

画像D

画像D


台風24号の接近・通過に伴い、四国・中国地方から東海地方では10月1日にかけて高潮に厳重な警戒が必要。特に東海地方では、過去最高潮位に匹敵する記録的な高潮となる恐れ。

台風24号 四国地方・紀伊半島に上陸の恐れ

非常に強い台風24号は四国に接近しています。このあと勢力を維持したまま、四国地方または紀伊半島に上陸する見込みです。その後は、速度を上げながら北東へ進み、10月1日にかけて東日本や北日本にかなり接近・通過する予想です。

四国・中国地方〜近畿 予想される最高潮位

台風の接近・通過に伴い、四国・中国地方から東海地方では、10月1日にかけて高潮となる所がある見込みです。【最高潮位】10月1日までに、警報が予想される地域で、予想される最高潮位は高い所で、東海地方は標高3.9メートル、近畿地方は標高2.5メートル、四国地方は標高2.0メートル、中国地方は標高1.8メートルです。海岸や河口付近では高潮による浸水に厳重に警戒して下さい。

高波と重なるとさらに危険

【波の高さ】四国地方、近畿地方、東海地方は13メートル、中国地方は山陰で4メートル、山陽で2.5メートルの予想です。うねりを伴った高波に厳重に警戒して下さい。高潮で潮位が高くなっているときに高波があると、普段は波が来ないようなところまで波が押し寄せ、高潮の被害が拡大することがあります。高潮の潮位変化は30分から1時間で急上昇しますので、早めの対策が必要です。特に、東海地方では伊勢湾台風による過去最高潮位に匹敵する記録的な高潮となる恐れがあります。厳重に警戒して下さい。

東海 記録的な高潮の恐れ 伊勢湾台風並み

名古屋で過去最高潮位を観測したのは、1959年の伊勢湾台風のときで3.89メートルです。伊勢湾全体の海面を1時間近くにわたって2メートル近く上昇させました。東海地方では台風24号が接近する30日夜のはじめ頃から10日1日未明にかけて、伊勢湾や三河湾を中心に、伊勢湾台風に匹敵するほどの高潮となる恐れがあります。警報が予想される地域で、予想される最高潮位は高い所で、愛知県は標高3.9メートル、三重県は標高3.8メートル、静岡県は標高1.5メートルです。30日の2回目の満潮の時刻と台風の接近が重なることもあり、大変危険です。満潮時刻と重ならない地域でも高潮の被害が起こる可能性があり、台風の接近前や通過後でも警戒が必要です。潮位が堤防を越えていなくても、潮位が高い中で高波があると波が海岸堤防を越えて浸水する恐れがあります。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい