北海道 元台風の雨雲で土砂降りに

tenki.jp

昨日(24日)は、台風20号から変わった低気圧が北海道の南岸を通過し、道南方面などでは60ミリ前後とまとまった雨の量となりました。この低気圧に伴う雨雲はすでにぬけていますが、今日(25日)は台風19号から変わった低気圧が前線を伴って北海道に近づくため広く雨となり、局地的に激しい降り方となりそうです。

今日は道北で激しい雨の恐れ

今日(25日)9時現在、台風19号から変わった低気圧に伴う雨雲が後志や石狩地方から十勝地方にかけてかかり、後志地方では1時間に20ミリ以上と土砂降りになっている所があります。この雨雲は次第に道北やオホーツク海側へと広がり、午後は道北で雨足の強まる時間がありそうです。さらに宗谷地方では夕方以降、1時間に40ミリと道路が川のようになる降り方となる恐れがあります。低い土地の浸水や土砂災害などに注意して下さい。明日(26日)の午後には、広く雨はやむ見込みですが、これまでの雨や今日これから降る雨で地盤が緩んだり、増水する川も多くなりそうです。引き続き危険な場所には近づかないようにして下さい。

夜遅くにかけて高波に警戒

後志や渡島、檜山の海域では今日昼過ぎから夜遅くにかけて、うねりを伴って6メートルの大しけになる見込みです。高波により海岸付近の施設や道路に被害が出る恐れもあります。海を見に行くようなことは絶対にしないで下さい。

続きを読む

この記事にコメントをする

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック