台風で前線活発 大雨警戒 災害レベルも 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

台風で前線活発 大雨警戒 災害レベルも

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp

メイン画像

メイン画像


日本の周りには台風や熱帯低気圧がウロウロ。この影響で、北日本にある前線が活発になるため、16日にかけて災害レベルの大雨に警戒が必要です。

北海道、東北、北陸 記録的な大雨の恐れ

きょう(15日)の夕方には、青森県に記録的短時間大雨情報が出されました。あす(16日)にかけて、東北付近に前線が停滞し、活動が活発になる見込みです。秋田県など日本海側を中心に、同じような所に発達した雨雲がかかり続け、1時間に80ミリを超えるような猛烈な雨の降る恐れがあります。夜の暗い時間帯も大雨の可能性がありますので、安全を第一に考えて行動してください。

関東から九州 引き続き不安定 局地的雷雨も

関東から九州も暖かく湿った空気の影響で、16日も午後を中心に広い範囲で大気の状態が不安定になる見込みです。あちらこちらで雨雲が発達し、雷雨になる所もありそうです。特に、四国など西日本の太平洋側で雨量が多くなるでしょう。

沖縄 台風18号の影響

15日に沖縄近海で発生した台風18号の動きが遅いため、沖縄本島や宮古島では16日にかけて激しい雨が降り、場所によっては1時間に50ミリ以上の非常に激しい雨が降る見込みです。土砂災害や低地の浸水、川の増水に十分ご注意ください。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい