15日 南は台風 北は前線 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

15日 南は台風 北は前線

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像


九州は台風15号の影響で急に風や雨が強まる恐れがあります。四国から近畿の太平洋側と北海道や東北、北陸も雷を伴った激しい雨が降り、大雨となるでしょう。

きょうの天気 九州・四国・中国地方

きょう15日午前3時前に宮崎県日向市付近に上陸した台風15号は、九州を北西へ進んでおり、昼前には対馬近海に進む見込みです。台風本体の雲域や強風域は比較的小さく、台風が近づくと風や雨が急に強まる恐れがあります。
九州では、南部は朝にかけて、北部は夕方にかけて非常に強い風が吹く見込みです。暴風やうねりを伴った高波に警戒して下さい。
●予想される最大風速(最大瞬間風速)は
九州南部、九州北部地方 20メートル(30メートル)
●予想される波の高さは
九州南部、九州北部地方 5メートル
四国地方 4メートル
九州や四国では大気の状態が非常に不安定となり、昼過ぎにかけて雷を伴って非常に激しい雨が降る見込みです。台風が通り過ぎた後も九州南部や四国の太平洋側を中心に台風周辺の湿った空気が流れ込み、総雨量が多くなる恐れがあります。
中国地方も雨が降りやすいでしょう。
●16日午前6時までの24時間に予想される雨量は、いずれも多い所で
四国地方 200ミリ
九州南部 180ミリ
九州北部地方 120ミリ
中国地方 80ミリ
その後17日午前6時までの24時間に予想される雨量は、いずれも多い所で
四国地方、中国地方 100ミリから150ミリ
土砂災害、低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に警戒して下さい。

沖縄

沖縄は熱帯低気圧の影響で、断続的に雨が降り、午前中は雷を伴って激しく降る所があるでしょう。風も強めに吹きそうです。

近畿~関東

本州付近にも台風周辺の暖かく湿った空気が流れ込むでしょう。
近畿は雲が多く、所々で雨が降るでしょう。局地的には雷が鳴り、傘をさしていても濡れてしまうくらいの雨が降りそうです。
東海は雲に覆われて、雨や雷雨の所があるでしょう。雨はバケツをひっくり返したような激しい雨が降ることもありそうです。
関東甲信は晴れたり曇ったりでしょう。午後は山沿いを中心に局地的に雷を伴って、1時間に50ミリ以上の滝のような雨が降り、大雨となる恐れがあります。16日午前6時までの24時間に予想される雨量は多い所で100ミリです。土砂災害、低い土地の浸水、河川の増水に警戒、注意してください。また、落雷や竜巻などの激しい突風の恐れがあります。発達した積乱雲が近づく兆しがある場合は、建物の中に移動するなど安全確保に努めてください。

北陸~北海道

北日本付近に前線が停滞しています。前線の活動は次第に活発になるでしょう。
北陸や東北、北海道も夜からあす16日にかけて雷を伴った非常に激しい雨が降り、大雨となるでしょう。
●16日午前6時までに予想される24時間雨量は、いずれも多い所で
東北地方 120ミリ
北海道地方、北陸地方 80ミリ
その後、17日午前6時までに予想される24時間雨量は、いずれも多い所で
北陸地方 100ミリから200ミリ
東北地方 100ミリから150ミリ
北海道地方 50ミリから100ミリ
大雨による土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水に十分注視してください。

きょうの最高気温

きのうと同じくらいか低くなるでしょう。那覇は30度、鹿児島は32度、福岡33度、高知は29度、広島は33度の予想です。大阪は34度、名古屋は32度、東京は34度、金沢は35度、新潟は33度まで上がるでしょう。近畿、北陸、関東甲信では猛暑日の所もありそうです。仙台は32度、秋田は30度の予想です。札幌は22度で、北海道は25度に届く所は少ないでしょう。空気が少しヒンヤリと感じられそうです。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい