北海道 5年ぶりのひんやり空気 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

北海道 5年ぶりのひんやり空気

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像B

画像B


今日(6日)の北海道は各地で気温の上がり方が鈍く、午後3時までの最高気温は平年より低い所がほとんどとなっています。
道内で最も高い北見地方の置戸町境野でも13度8分にとどまっており、このまま経過すると、5月としては5年ぶりに15度以上の地点がない一日となりそうです。

平年より高いのはわずか3地点

今日の北海道は日本海から近づく低気圧の影響で天気が下り坂で、道南では朝から雨が降っています。
日中にはその他の地域にも次第に雨雲が広がり、各地で日差しの少ない天気となりました。
気温も各地であまり上がらず、午後3時までの最高気温が平年より高くなったのは、根室や根室市納沙布、釧路町知方学のわずか3地点。最も高くなった北見地方の置戸町境野でも13度8分と、風の冷たい一日となりました。
このまま気温が上がらずに経過すると、5月としては5年ぶりに道内で1地点も15度以上の地点がない一日となります。

低い気温 長い所は木曜日頃まで

明日(7日)以降は上空に寒気がいすわり、水曜日には各地で今日よりさらに気温が低くなりそうです。
特に海からの冷たい風が流れ込むオホーツク海側では、木曜日頃まで最高気温が一桁という日が多くなります。
金曜日以降は気温が平年並みか高めになってくれますが、今週は暖かい服装を心がけて体調を崩さないように注意した方が良さそうです。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい