九州 19日朝は肌寒く、日中は残暑 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

九州 19日朝は肌寒く、日中は残暑

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp

昨夜(18日)の九州は穏やかに晴れたため、けさの最低気温は宮崎県の五ヶ瀬町鞍岡で11.5度まで下がるなど、今シーズン一番気温が下がりました。一方、日中の最高気温は30度以上の真夏日の所もあり、残暑となりました。

朝と日中の気温差大きい!

昨夜(18日)の九州は風が収まり各地とも穏やかに晴れたため、けさは今シーズン一番気温が下がった所が多くなりました。九州の最低気温は宮崎県の五ヶ瀬町鞍岡11.5度、熊本県の南小国町と大分県の由布市湯布院でともに12.9度など、9月下旬から10月上旬並みで肌寒いくらいでした。福岡市も最低気温が19.7度まで下がり、この秋に入って初めて最低気温が20度を下回りました。
一方、最高気温は28度くらいまで上がった所が多く、鹿児島県の肝付町前田で31.3度、宮崎県の串間市で30.9度まで上がるなど、真夏日の所もあり、日差しが暑く残暑となりました。きょうの九州は朝と日中で大きな気温差が出ました。

暑さ寒さも彼岸まで?

あす(20日)以降も来週初めにかけて九州南部を中心に晴れの日は最高気温が30度前後まで上がり、残暑となりますが、朝晩は各地ともしのぎやすい日が多いでしょう。一方で、曇りや雨の日は日差しが少なく、雨脚が強まる日は日中も少しひんやり感じられる日がある見込みです。体調管理にお気をつけください。残暑は来週初めまでで、来週後半には一段と涼しい空気が入り、季節が大きく秋へと進むでしょう。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい