2017年紅葉の見ごろ 日本気象協会

tenki.jp
日本気象協会は2017年第1回「紅葉見ごろ予想」(カエデ)を発表しました。秋の行楽の参考にしてください。 今年の紅葉の見ごろについて 紅葉の見ごろは、秋の気温が低いと早まり、秋の気温が高いと遅くなります。今年の秋(9~11月)の気温は、前半は平年より高いところが多く、後半も北日本は平年並みか高い気温のところが多い見込みです。このため、北日本(北海道・東北)と北陸地方の一部の地域では、平年よりも遅い紅葉となるところがでてくるでしょう。東日本から西日本にかけての紅葉の見ごろは、平年並みのところが多いでしょう。 各地の紅葉見ごろ予想 ◆北日本(北海道・東北) 北日本は、9月から11月にかけての気温は、平年並みか高い見込みです。このため、各地の紅葉(カエデ)の見ごろは、平年並みか遅いでしょう。10月になると朝晩は冷え込む時期がありますので、色づきはよさそうです。 ◆東日本(関東甲信・北陸・東海)と西日本(近畿・中国・四国・九州) 9月の気温は平年よりも高くなりますが、10月から11月にかけての気温は平年並みに近づく見込みです。このため、各地の紅葉(カエデ)の見ごろは、平年並みのところが多いでしょう。10月以降は内陸部を中心に朝晩の気温が低くなりますので、色づきが進みそうです。 東京など 主な平地での見ごろは? 札幌(やまもみじ):10月下旬(平年並み) 仙台(いろはかえで):11月中旬並み(平年並み) 新潟(いろはかえで):11月中旬並み(平年並み) 東京(いろはかえで):11月下旬並み(平年並み) 名古屋(いろはかえで):11月下旬並み(平年並み) 大阪(いろはかえで):12月上旬並み(平年並み) 広島(いろはかえで):11月下旬並み(平年より遅い) 高松(いろはかえで):11月中旬並み(平年並み) 福岡(いろはかえで):11月下旬並み(平年並み) 「紅葉の見ごろ」の基準は、カエデの木の大部分の葉の色が紅色になった状態です。今回の「紅葉の見ごろ」は、気象庁が制定している「生物季節観測指針」における紅葉の基準に基づき、「カエデの木の大部分の葉の色が紅色になった状態」としています。 10月に第2回の予想を発表予定です。

続きを読む

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック