台風15号 小笠原は大荒れ 関東にも 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

台風15号 小笠原は大荒れ 関東にも

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp

大型で強い台風15号は、1日午前11時現在、父島の東北東およそ40キロにあって、ほとんど停滞しています。この後は発達しながらゆっくりと北上し、関東でも影響が出そうです。

動きの遅い台風15号

大型で強い台風15号は、きょう(1日)午前11時現在、小笠原諸島の父島の東北東およそ40キロにあって、ほとんど停滞しています。中心の気圧は955ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は40メートル、最大瞬間風速は60メートルで、中心から半径170キロ以内では、風速25メートル以上の暴風となっています。この台風は動きが遅いため、同じ場所で暴風や大雨が長引くことが考えられます。十分な注意・警戒が必要です。

9月としては一番の雨量に

小笠原諸島は、台風の影響で大荒れの天気となっています。父島では、おととい(30日)の午前0時からきょう(1日)午前11時までの総雨量が336.5ミリ、母島では295ミリとなり、それぞれ72時間降水量が、観測開始以来9月の1位を更新しました。また、父島では午前4時41分に39.8メートルの最大瞬間風速を観測しました。

小笠原への影響

小笠原諸島では、きょう(1日)夕方にかけて、断続的に雷を伴った非常に激しい雨が降る見込みです。あす(2日)正午までの24時間に予想される雨の量は、200ミリです。土砂災害に厳重に警戒し、低い土地の浸水や河川の増水に注意してください。
小笠原諸島は台風の暴風域に入っており、海は猛烈なしけとなっています。きょう(1日)の夜にかけて猛烈な風が吹き、海は猛烈にしけるでしょう。その後も非常に強い風や大しけが続く見込みです。2日にかけて予想される最大風速は40メートル、最大瞬間風速は60メートルです。また、2日にかけて予想される波の高さは、9メートルとなっています。
引き続き、暴風やうねりを伴った高波に厳重に警戒してください。

関東への影響は

関東や伊豆諸島は、台風が大型で、前線の影響も受けているため、台風から離れていても非常に強い風が吹き、大しけとなっている所があります。あす(2日)はさらに広い範囲で非常に強い風が吹き、海はうねりを伴って大しけとなる見込みです。
最大瞬間風速は、伊豆諸島や関東の海上で20メートル、関東の陸上で18メートル。最大瞬間風速はそれぞれ30メートルの予想です。また、あす(2日)にかけて予想される波の高さは、伊豆諸島と茨城県、それに千葉県の太平洋側で6メートル、相模湾で4メートルとなっています。高波に警戒するほか、強風にも十分注意してください。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい