7日 激しい雨の範囲 東へ広がる 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

7日 激しい雨の範囲 東へ広がる

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp

7日は梅雨前線が西日本を次第に北上します。激しい雨の範囲は九州だけでなく、中国、四国や近畿にも広がるでしょう。

九州は7日も滝のような雨の恐れ

きょう6日(木)も九州付近に梅雨前線が停滞。九州は所々に発達した雨雲がかかっています。九州は、あす7日(金)も非常に激しい雨の降る所があるでしょう。詳しくは下記リンクの君島予報士の記事「九州豪雨 最大級の警戒を」をご覧ください。

中国、四国、近畿も局地的に激しい雨

あす7日(金)は、梅雨前線が次第に北上し、中国地方から近畿地方に延びるでしょう。このため激しい雨のエリアも近畿地方まで広がる見込みです。中国や四国では、あすに日付が替わる頃から雨脚の強まる所があるでしょう。きのう5日(水)、記録的な大雨となった島根県を中心に、すでに雨量が多くなっている所がありますので、少しの雨でも土砂災害に警戒が必要です。急な斜面や川の近くにお住まいの方は、日が暮れる前に安全な場所に移動するなど、早めの避難も検討してください。近畿地方も南部を中心に発達した雨雲がかかる可能性があります。前線付近では大気の状態が非常に不安定になりますので、局地的な激しい雨や落雷、突風にも注意が必要です。

8日以降も西は雨が続く 東や北も雨に

8日(土)以降も梅雨前線は西日本に停滞し、暖かく湿った空気が次々と流れ込むでしょう。九州から近畿では雨の降りやすい日が続きそうです。前線の停滞する位置や風のぶつかる位置によって、雨が強まる地域が変わってきそうです。このあとも最新の気象情報をこまめにチェックしてください。懐中電灯や携帯電話の充電器など、災害時の備えを改めて見直しておきましょう。なお、週末は気圧の谷の影響もあり、九州から近畿だけでなく、東海や北陸から北海道にかけても雨の降る所があるでしょう。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい