関東 南と北で大きな気温差 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

関東 南と北で大きな気温差

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp

きょう27日(土)の関東地方は晴れている所では気温が25度を超えていますが、曇っている所では20度に届いておらず、気温の差が大きくなっています。

南は暑、北は涼

きょう27日(土)の関東地方は、晴れている南側のエリアと、曇っている北側のエリアとで気温の差が大きくなっています。東京都、神奈川県、千葉県では、雲が多い所もありますが、各地で日差しが届いており、気温は広い範囲で25度を超えています。正午までの最高気温は、東京都心27度3分、横浜28度0分、千葉26度8分です。
一方、埼玉県や茨城県、栃木県、群馬県の一部は雲が広がっており、日差しが少なくなっています。気温は正午になっても20度に届いていない所が多く、空気がヒンヤリしている所もあります。正午までの最高気温は、熊谷18度9分、水戸17度4分、宇都宮17度1分、前橋22度5分です。

どうして差があるの?

きょうの関東地方は南側と北側とで風向きが異なっています。下の図のように、南側のエリアでは南よりの風、北側は北東の風です。北側では北東からの湿った冷たい空気が流れ込んでいることで低い雲がなかなかとれず、気温があまり上がっていないのです。このあとも雲が広がりやすく、気温の上がり方は鈍いでしょう。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい