1か月予報 この先の寒さや雪は?

tenki.jp
この先1か月は、一時的に暖かくなる時期がありますが、まだまだ寒い日がほとんどでしょう。日本海側の降雪量は平年並みか多い見込みです。向こう1か月は、九州から関東にかけては、冬型の気圧配置が強く、気温は平年並みか低いでしょう。日本海側の降雪量は、北海道や東北でほぼ平年並み、北陸から山陰で平年並みか多い見込みです。これまで暖かかった沖縄・奄美も、大陸からの寒気の影響で、気温は平年並みか低い予想です。

週別の天候

【1週目(1/21~27)】北日本の日本海側では、平年と同様に雪の降る日が多いでしょう。東・西日本の日本海側では寒気や気圧の谷の影響で、平年に比べ雪または雨の日が多い見込みです。一方、太平洋側は平年と同様に晴れの日が多いでしょう。沖縄・奄美では、平年と同様に曇りや雨の日が多い見込みです。
【2週目(1/28~2/3)】北日本や東日本では冬型の気圧配置が弱く、日本海側は平年に比べ雪や雨の日は少ないでしょう。気温も平年並みか高い見込みで、暖かくなる日もありそうです。西日本の日本海側は平年と同様に雪または雨の日が多いでしょう。太平洋側は平年に比べ晴れの日が少ない見込みです。沖縄・奄美では、平年と同様に曇りや雨の日が多いでしょう。
【3~4週目(2/4~17)】全国的に冬型の気圧配置が強く、日本海側は平年に比べ雪や雨の日が多いでしょう。太平洋側は平年に比べ晴れの日が多い見込みです。沖縄・奄美では、平年に比べ曇りや雨の日が多いでしょう。
※北日本は北海道・東北、東日本は北陸・関東・東海、西日本は近畿・中国・四国・九州です。

続きを読む

この記事にコメントをする

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック