北極の海氷面積 回復せず過去最小

2016/10/26 15:17

北極では、10月に入ってからも海氷面積がなかなか拡大せず、10月中旬以降、過去最小の面積で推移しています。

アメリカの海洋大気庁のデータに基づき、1978年以降の北極の海氷面積の変化を調べてみました。今年は夏以降、ゆっくりと海氷面積が増えてきてはいるものの、10月に入っても拡大の歩みが遅れています。10月中旬以降、昨年2015年を下回り、過去最小の面積で推移しています。 近年の地球温暖化の影響により、海氷面積は縮小しています。また、近年、北極海の海氷面積の変化は、冬の天候に大きく影響を及ぼすという研究成果が出ています。今後の冬の天候が気になるところです。 今後の3か月予報はこちら→3か月予報

あわせて読みたい

  • 北極、南極、オホーツク海の海氷少ない

    北極、南極、オホーツク海の海氷少ない

    tenki.jp

    2/28

    1997年で温暖化はストップ? 実は地球の平均気温は下がっている

    1997年で温暖化はストップ? 実は地球の平均気温は下がっている

    週刊朝日

    10/5

  • 今冬 北海道で度々低気圧急発達の理由

    今冬 北海道で度々低気圧急発達の理由

    tenki.jp

    3/11

    2030年に北極の氷消える恐れ 日本を襲う深刻な影響とは?

    2030年に北極の氷消える恐れ 日本を襲う深刻な影響とは?

    AERA

    4/18

  • 暖冬なのに? 流氷 まさかの平年並み

    暖冬なのに? 流氷 まさかの平年並み

    tenki.jp

    1/6

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す