西日本 滝のような雨や大雨の恐れ 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

西日本 滝のような雨や大雨の恐れ

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp#台風
予想天気図

予想天気図

九州や四国、中国地方の上空に寒気が流れ込み、下層には高温多湿な空気が流れ込むでしょう。大気の状態が不安定になり、局地的には滝のような雨が降って大雨になる恐れがあります。落雷や突風にも注意です。

九州や四国、中国地方は大気の状態が不安定

西日本の上空には、この時期としては冷たい空気が流れ込んでいます。また、低気圧が対馬海峡をゆっくり通過するため、低気圧に向かって地上付近では台風10号が運んできた高温多湿な空気が流れ込むでしょう。このため、九州や四国、中国地方では大気の状態が不安定になりそうです。
このため、九州や四国、中国地方では雨が降りやすく、激しく降る所があります。局地的には滝のような雨が降り、大雨になる恐れもあります。
あす(29日)午前6時までに予想される雨量が、いずれも多い所で
四国が200ミリ、九州北部が150ミリ、中国地方では100ミリの見込みです。
雨は30日にかけても続きます・・・
30日午前6時までの24時間に予想される雨量は、いずれも多い所ですが、
四国地方で200ミリ、中国地方は100ミリの予想です。
大雨による土砂災害や川の増水や氾濫、低い土地の浸水に注意や警戒が必要です。また、落雷や竜巻など激しい突風の恐れもありますので、危険を感じたら頑丈な建物の中に入るなどしてください。
また、低気圧の北側では気圧の傾きが大きくなるため、日本海では風が強まる見込みです。海上は風が強まり、波が高くなるでしょう。船舶や海のレジャーなどは注意してください。

近畿から北海道の太平洋側も曇りや雨

台風の北上に伴い、近畿から北海道の太平洋側には湿った空気が流れ込むでしょう。雲が広がりやすく、所々で雨が降る見込みです。東海地方の三重県には活発な雨雲が発生しており、昼前までは局地的に激しく降りそうです。関東や東北は朝晩を中心に雨が降りやすいでしょう。近畿から東海は高温多湿な空気が流れ込みますが、関東から北の太平洋側はどちらかというと、ヒンヤリした東よりの風が流れ込みます。日中は気温が上がらず、9月並みの涼しさが続く見込みです。

東海から東北は台風の備えを

東海から東北は、あす(29日)以降は台風10号が接近し、上陸する恐れがありますので、台風の備えは、きょう(28日)中にしておくと良いでしょう。植木鉢など飛ばされやすい物は物置などにしまいましょう。倒れて困る物はあらかじめ倒しておくと安心です。停電が発生しても困らないように、懐中電灯を多めに用意したり、水はけの悪い場所(側溝や雨どいなど)を掃除しておきましょう。また、浸水する恐れがある場所は、家財道具など高い場所へ移動しておくと良さそうです。今回の台風は強風の範囲が広いため、上陸する前から風が強まる恐れがありますので、早め早めの対策を取りましょう。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい