九州で激しい雨 四国~関東も本降り 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

九州で激しい雨 四国~関東も本降り

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
全国の天気

全国の天気

28日に日付が替わる頃には、関東地方も雨に。九州は激しい雨に注意。四国~関東の太平洋側も雨脚が強いでしょう。以下、詳しい内容です。

雨の範囲、西から広がる

27日は、梅雨前線が西から北上するにつれて、雨の範囲が広がりました。
九州南部は朝から雨で、局地的にはザーザーと雨が降り、中国、四国も昼すぎには広く雨が降りました。
梅雨前線が北上しながら東へのびるとともに、雨の範囲は東へ広がります。
27日夜遅くには、東海まで広く雨に。甲信地方や関東北部の山沿い、北陸地方も所々で雨でしょう。
28日に日付が替わる頃には、関東南部や東北の太平洋側も次第に雨が降る見込みです。
雨の強い時間帯は、九州は28日夕方頃にかけてとなります。局地的に激しい雨が降るでしょう。
すでにこれまでに大雨の降っている、熊本や大分、長崎などにも発達した雨雲が流れ込む恐れがあります。
引き続き、雨の情報には十分注意をしてください。
四国~東海にかけては27日明け方頃まで、局地的にザーザー降りの雨が降るなど雨脚が強まる恐れがあります。
静岡は朝まで、関東南部は昼前まで強い雨にご注意ください。
関東や静岡付近では、通勤通学の時間帯に雨の降り方が強まることもあるでしょう。
階段など、雨で滑りやすくなりますので、転倒しないように足元に気をつけてください。
梅雨前線に近い太平洋側の地域ほど雨が強く降りますが、離れた地域ほど断続的で降り方は弱い見込みです。
北陸や長野、関東北部や東北南部も午前中は雨が降りやすいですが、断続的で比較的弱い雨が中心でしょう。
東北の日本海側や北海道は、晴れ間もありますが、大気の状態がやや不安定です。
気温の上がる午後は、にわか雨や雷雨にご注意ください。

暑さ一段落

28日は梅雨前線は九州から関東の沿岸にのびる見通しです。
梅雨前線の北側の比較的涼しい空気にエリアに入ること、そして、曇りや雨で日差しが控えめであることから、28日は暑さが一段落する所が多いでしょう。
特に、27日は晴れ間が広がり、30度前後まで気温の上がった近畿、東海、関東、東北南部では28日は5度前後下がって25度前後にとどまりそうです。暑さが少し落ち着くでしょう。
湿気が多いので、ムシムシとしますが、雨が降ることによって、多少肌が濡れた状態で、クーラーの効いた室内や電車の中などに入ると涼しく感じる場合もあります。一枚、カーディガンなどを持って、調節しやすくしてお出かけするといいかもしれません。

週後半から真夏の暑さに

この先の気温は、週の後半から各地で上昇傾向です。
特に木曜日頃から夏の太平洋高気圧が一時的に勢力を北へ広げるため、日に日に暑さが増すでしょう。7月がスタートすると同時に真夏日の地点数が増えていきます。
沖縄、九州、四国など南の地域ほど夏を思わせる陽気になりそうです。
屋外の活動は熱中症に厳重な警戒をしてください。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい