2015年12月上旬~中旬 気温高い 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

2015年12月上旬~中旬 気温高い

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp

2015年12月1日~20日の平均気温は、全観測地点で平年より高くなりました。北海道や関東甲信、東海、近畿は平年より2度以上高い所が多く、札幌や名古屋の平均気温は平年より2度6分高くなりました。週末は強い冬型の気圧配置になり、一時的に寒気が南下する予想。

北海道や関東甲信~近畿 特に高め

2015年12月は、これまで師走らしくない暖かさとなっています。
1日~20日の平均気温は、平年の同じ時期と比べると、全国の全ての観測地点でプラスになりました。
特に、北海道や関東甲信、東海、近畿では、平年比が2度以上の所が多くなっています。
【2015年12月1日~20日 平均気温の平年比】
札幌   +2度6分
水戸   +2度3分
宇都宮  +2度6分
さいたま +2度2分
東京   +1度7分
長野   +2度4分
甲府   +2度6分
静岡   +2度3分
名古屋  +2度6分
岐阜   +2度5分
津     +2度3分
京都   +2度1分
大阪   +1度8分
和歌山  +2度

週末は寒気が南下

全国的に気温の高い状態は、クリスマスイブ頃まで続きますが、週末は日本付近に寒気が流れ込む見込みです。
平地でも雪を降らせるような寒気が、東日本の太平洋沿岸部までかかるでしょう。
冬型の気圧配置も強まるので、日本海側では北・東日本を中心に、大雪や大荒れの可能性もあります。
tenki.jpで、最新の情報をご確認ください。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい