18日は九州南部で再び大雨警戒 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

18日は九州南部で再び大雨警戒

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
予想天気図(18日午前9時)

予想天気図(18日午前9時)

九州南部の24時間予想雨量(18日18時まで)

九州南部の24時間予想雨量(18日18時まで)

18日は西日本の太平洋側で大雨の恐れがあります。特に九州南部では雨の量がかなり多くなる見込みです。すでに6月の降水量が平年よりかなり多くなっていますので、土砂災害や川の氾濫などに警戒してください。17日の日中は九州南部の雨は小康状態となりました。ただ、18日は梅雨前線上の低気圧が九州南部を通過し、夜にはまだ四国付近とゆっくりと進む見込みです。九州は17日の夜から活発な雨雲がかかりはじめ、18日は断続的に激しい雨の降る恐れがあります。四国や近畿の太平洋側も18日は局地的に雨雲が発達しそうです。

鹿児島で滝のような雨のおそれ

九州南部では6月の降水量がすでに平年の3倍から5倍。地盤が非常に緩んでいる所があります。鹿児島県の枕崎市では6月に入ってからの総雨量が1000ミリ近くまで達しています。今後の大雨でさらに土砂災害の可能性が高くなる見込みです。
各地の予想降水量を見てみましょう。 特に、鹿児島県の多い所で24時間雨量が200ミリ、1時間では70ミリの滝のような雨の降る可能性があります。
市町村から発表される避難勧告などの情報に注意してください。
また、インターネットからも情報を得ることができます。気象庁より土砂災害警戒情報が発表されたら、崖の近くなど土砂災害の発生しやすい地域にお住まいの方は早めの避難を心がけてください。
そのほか、九州北部は150ミリ、四国は120ミリ、近畿は100ミリ多い所で予想されます。
今年も西日本を中心に梅雨の大雨に警戒が必要です。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい