啓蟄 関東周辺は冬の寒さが戻る 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

啓蟄 関東周辺は冬の寒さが戻る

tenki.jp
3月6日の天気・気温

3月6日の天気・気温

7日の気温

7日の気温

3月6日(金)は二十四節気の「啓蟄」。大地が暖まり、冬ごもりしている虫が出てくるころだが、関東は冬の寒さで西日本も太平洋側を中心に気温が低め。関東は7日(土)は厳しい寒さに。

啓蟄だが、虫が出るほど暖かくない

きょう6日(金)は、全国的に雲が広がりやすいでしょう。
特に九州から関東にかけての太平洋側に厚い雲がかかり、
九州南部や四国は昼過ぎまで雨の降る所がありそうです。
東海から関東は低気圧が近づく夜に雨雲がかかってきます。
今夜は所々で雨が降り、内陸部では雪になる所もありそうです。
最高気温は平年並みか低いでしょう。
鹿児島や高知は、真冬並みの12度の予想です。
大阪や名古屋はこの時期らしい気温ですが、日差しが少ないためヒンヤリしそうです。
東京は2月上旬並みの10度までしか上がらないでしょう。
きのうより4度程下がり、寒くなりそうです。
東北から北海道は、日本海側は雪や雨の所もありますが、
太平洋側は晴れ間もありそうです。
最高気温は仙台で7度と平年並みですが、暖かかったきのうより4度くらい低いでしょう。
札幌は3度と、きのうと同じくらいの予想です。
きょうは二十四節気の啓蟄で、暖かくなって虫がはい出てくるころですが、
虫が出てくるほど暖かい所はなさそうです。

関東は真冬並みの寒さに

あす7日(土)は、雪や雨が降るのは一部で、晴れ間の出る所が多くなってきそうです。
西日本の気温もやや上がり、この時期らしい気温に戻るでしょう。
ただ、関東周辺には日中も雨雲が残る可能性があり、
あすの昼間も傘があったほうが良さそうです。
そして北東から冷たい空気が入るため、気温が上がりません。
最高気温は東京で7度と真冬並みです。
日差しもなく、かなり寒くなるでしょう。
厚手のコートやマフラー、手袋などが活躍しそうです。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい