震災から20年 神戸など近畿平地も雪

2015/01/17 12:53

冬型の気圧配置が強まっています。日本海側を中心に冬の嵐で、北陸以北は猛吹雪の恐れ。近畿でも山沿いは大雪、平地でも雪の積もる所があるでしょう。交通機関への影響に注意を。

17日の神戸の朝 関西支社 木村予報士撮影
17日の神戸の朝 関西支社 木村予報士撮影
阪神淡路大震災から20年 17日の神戸の朝 上の写真は今朝の神戸市の写真です。 阪神淡路大震災から20年。神戸の街が朝日に照らされ始めている様子です。 おろし風が吹きつけ、風冷えの朝となりました。 18日明け方にかけ 近畿でも大雪や積雪の恐れ 17日、日本付近は冬型の気圧配置が強まってきています。 北海道から本州の日本海側には広く雪雲がかかり、 神戸や京都、大阪にも雪雲が流れ込みはじめています。 18日の朝にかけて、強い冬型の気圧配置が続くでしょう。 北海道から北陸を中心に大荒れの天気で、見通しのきかない猛吹雪や大雪に警戒が必要です。 また、近畿地方でも山沿いは大雪、平地でも積雪の恐れがあります。 18日明け方にかけて近畿北部の山沿いを中心に大雪となるでしょう。 近畿中部の平地にも雪雲が流れ込み、雪の積もる所がある見込みです。 18日午前6時までに予想される24時間降雪量はいずれも多い所で ◆北部(京都府北部、兵庫県北部、滋賀県北部) 平地20センチ 山地30センチ ◆中部(京都府南部、兵庫県南部、奈良県北部、滋賀県南部、和歌山県北部、大阪府) 平地5センチ 山地20センチ ◆南部(奈良県南部、和歌山県南部) 山地3センチ の予想です。 路面の凍結する可能性もあります。 車の運転は路面状況の変化にご注意下さい。 雪で見通しの悪くなる所もありますので、注意が必要です。
17日午後の神戸 一時的に雪や冷たい雨 季節風冷たく 17日の午後は雪や雨が降りやすいでしょう。 冷たい季節風が吹きつけ、日中も震える寒さが続きそうです。 式典等へお出かけされている方は、体を冷やさないようお気をつけ下さい。
17日の近畿の天気予報
17日の近畿の天気予報

あわせて読みたい

  • 15日 日本海側は平地も大雪のおそれ 名古屋など太平洋側にも雪雲

    15日 日本海側は平地も大雪のおそれ 名古屋など太平洋側にも雪雲

    tenki.jp

    12/15

    近畿地方 土日は北部中心に大雪

    近畿地方 土日は北部中心に大雪

    tenki.jp

    1/12

  • 日本海側で大雪 北陸山沿いで24時間降雪量90センチ 警報級のおそれも

    日本海側で大雪 北陸山沿いで24時間降雪量90センチ 警報級のおそれも

    tenki.jp

    12/14

    26日 強い冬型の気圧配置 今朝は北陸から山陰の平地も積雪 雪の範囲は更に広がる

    26日 強い冬型の気圧配置 今朝は北陸から山陰の平地も積雪 雪の範囲は更に広がる

    tenki.jp

    12/26

  • 関西 17日にかけても大雪の恐れ

    関西 17日にかけても大雪の恐れ

    tenki.jp

    12/16

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す