弥生、三月。いよいよ春の始まり、新たな季節がめぐってきます!

2022/03/01 10:00

三月の声を聞くと否が応でも春を意識してしまいませんか。弥生(やよい)は草木が弥(いや)生(おい)出るの意「いやおひ」から転じたものといわれています。雪が多く降った地方でもどこかに春を感じさせる空気が生まれているのではないでしょうか。三月は季節が春へと大きく動くひと月。気候が移れば心もつられて動いていきます。桃の節句、啓蟄、春のお彼岸など行事とともに、卒業や進学・就職と新しい出発をする人々も多い希望の時でもあります。寒さに縮こまっていた身体と心を、さあ大きく開いて春を取りこみにいきましょう。

あわせて読みたい

  • 桃の花が咲く頃になりました。仲春第八候「桃始笑(ももはじめてさく)」です

    桃の花が咲く頃になりました。仲春第八候「桃始笑(ももはじめてさく)」です

    tenki.jp

    3/11

    弥生3月。大地の潤いに草木出づれば、花は咲き鳥は歌い始めます

    弥生3月。大地の潤いに草木出づれば、花は咲き鳥は歌い始めます

    tenki.jp

    3/1

  • 「お水取り」が終わると春が来る!  その歴史と東大寺の僧・公慶の物語

    「お水取り」が終わると春が来る! その歴史と東大寺の僧・公慶の物語

    tenki.jp

    3/14

    二十四節気「啓蟄(けいちつ)」は春のめざめ。母なる大地は水とともに命を育みます

    二十四節気「啓蟄(けいちつ)」は春のめざめ。母なる大地は水とともに命を育みます

    tenki.jp

    3/5

  • 種田山頭火、尾崎放哉 ── 自由律俳句の魅力

    種田山頭火、尾崎放哉 ── 自由律俳句の魅力

    tenki.jp

    6/5

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す