「穀雨花」ってどんな花?二十四節気「穀雨」

2021/04/20 20:30

4月20日より、二十四節気は春の最後の節気「穀雨(こくう)」となりました。次節は「立夏」。暦の上では夏となり、この半月で今年の春は終わりを迎えます。全ての植物を潤し育むとされる「百穀春雨」に洗われながら、行く春を惜しむように春の花々は楽奏のクライマックスのように次々と咲き競い、目を奪われるばかりです。そんな中、穀雨の名を冠する「穀雨花」なる花があります。唐代以降の中国、そして日本でも「百花の王」として称えられてきたボタン(牡丹)の別名です。

あわせて読みたい

  • 七十二候「牡丹華(ぼたんはなさく)」。任侠の世界でも大人気! 春がゆき、夏が来ます

    七十二候「牡丹華(ぼたんはなさく)」。任侠の世界でも大人気! 春がゆき、夏が来ます

    tenki.jp

    4/30

    二十四節気「穀雨」。すべての生命がみずみずしく輝く季節

    二十四節気「穀雨」。すべての生命がみずみずしく輝く季節

    tenki.jp

    4/20

  • 牡丹をめぐるとある疑問。七十二候「「牡丹華(ぼたんはなさく)」

    牡丹をめぐるとある疑問。七十二候「「牡丹華(ぼたんはなさく)」

    tenki.jp

    4/30

    いよいよ初夏へ!? ちょっと待って、その前に「春」にも「土用」があるんです

    いよいよ初夏へ!? ちょっと待って、その前に「春」にも「土用」があるんです

    tenki.jp

    4/17

  • 4月20日、二十四節気「穀雨(こくう)」の意味と季節の楽しみ

    4月20日、二十四節気「穀雨(こくう)」の意味と季節の楽しみ

    tenki.jp

    4/20

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す