ホッキョクグマの受難から地球環境について考えよう。2月27日「国際ホッキョクグマの日」

2020/02/27 20:30

北極圏に生息し、地上最大の肉食獣とも言われるホッキョクグマ。真っ白い被毛から日本では「しろくま」とも呼ばれます。2月27日は、「国際ホッキョクグマの日(International Polar Bear Day)」。国際的な動物保護団体「Polar Bears International」が2005年に制定した記念日です。地球温暖化が叫ばれるとき、温暖化の影響により氷が充分に張らない北極で狩りができずに痩せこけてしまっているホッキョクグマの映像も流されます。なぜ、氷が張らないとホッキョクグマは飢えてしまうのでしょうか。その特異な生態と地球環境の関係とは?

あわせて読みたい

  • 森の守護獣?危険な猛獣?もしもクマが山からいなくなったら…?

    森の守護獣?危険な猛獣?もしもクマが山からいなくなったら…?

    tenki.jp

    6/5

    クラゲと間違えてプラごみを食べてしまうオサガメ 大絶滅の原因は“人間”

    クラゲと間違えてプラごみを食べてしまうオサガメ 大絶滅の原因は“人間”

    AERA

    6/13

  • 2030年に北極の氷消える恐れ 日本を襲う深刻な影響とは?

    2030年に北極の氷消える恐れ 日本を襲う深刻な影響とは?

    AERA

    4/18

    昨年の日本付近の二酸化炭素濃度 観測史上最高を更新

    昨年の日本付近の二酸化炭素濃度 観測史上最高を更新

    tenki.jp

    3/30

  • 脱炭素社会の実現は経済効果や雇用も生み出す 地球温暖化は「危機」だが「機会」にもなる

    脱炭素社会の実現は経済効果や雇用も生み出す 地球温暖化は「危機」だが「機会」にもなる

    AERA

    9/27

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す