アメリカの気象予報官が語る ハワイの気候の特徴とは? 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

アメリカの気象予報官が語る ハワイの気候の特徴とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp

太平洋の中央に浮かぶ自然豊かな島々、ハワイ。世界屈指のリゾート地としても有名で、日本からも年間100万人以上もの観光客が訪れます。
そんなハワイで気象予報官として働くイアン・モリソン(Ian Morrison)さんが、昨年の夏から1年間日本に滞在しました。
そこで今回は、ハワイの気候や日本との違いについて、イアンさんご本人に語っていただきます。

ハワイが教えてくれた「アロハ精神」

私は、アメリカ東海岸に位置するマサチューセッツ州のボストン近くに生まれ育ちました。子供の頃から、ハワイの美しい天気や暖かい海にずっと憧れを抱いていました。
そのため、大学では機械工学を専攻したものの、卒業後はハワイのホノルルに移住し、天気を研究しながらハワイの「アロハ精神」を楽しむこと決意しました。
ハワイの海は暖かくて透き通っていて、波はサーフィンに最適です。山には秘境の滝があり、ワイキキに行けばショッピングやナイトライフが待っています。
ハワイに移住したことで、一つ一つの命が密接に影響し合っていること知り、自然環境に対する視野を広めることができました。また、ハワイの文化は、人々に学習することや、共有すること、そして人や自然との関係作りの大事さを教えてくれます。私も常に「アロハ精神」を実践することを心掛けています。I grew up on the East Coast of the United States near Boston, Massachusetts. Throughout childhood, I always yearned for the beautiful weather and warm ocean waters of Hawaii. Finally, after finishing an undergraduate degree in Mechanical Engineering, I moved to Honolulu Hawaii to study the weather and enjoy the Aloha Spirit of the islands.
Hawaii has warm and clean ocean waters, exciting waves for surfing, beautiful mountain waterfalls, and Waikiki for shopping and nightlife. Living in Hawaii has brought me a new understanding of nature, and how everything in life is interconnected. The Hawaiian culture teaches sharing, learning, and creating relationships; and I try to bring that `Aloha Spirit` with me everywhere I go.

気象の知識を活かした仕事やプロジェクト

私は普段、アメリカ国立気象局のハワイ支局で働いています。そこで気象官として、ハワイの天気予報を提供するほか、太平洋の航空気象の解析や、海上警報の発表も担当しています。
その他にも、アメリカ本土で大規模森林火災が発生した場合は、緊急要員として本土に派遣され、消防隊に命を守るための気象情報を提供することもあります。
ハリケーンがハワイに接近する夏ごろになると、予報センターでは人々の安全を守るためにハリケーンの予測業務で大忙しになります。
ところで皆さんは「ホクレアプロジェクト」のことは知っていますか?
ホクレアとは、ハワイの伝統的な航海術で海を渡る際に使われる船のことです。この航海術は何千年もの間、ポリネシア人によってニュージーランドからハワイまでの海を横断するために受け継がれていました。
この航海術を使って、全世界に環境や自然保護の大切さを全世界に発信することを目的に、ハワイから世界一周の航海を試みたのが「ホクレアプロジェクト」です。ホクレア号は2014年にハワイを出発しました。
私は2015年からこのプロジェクトに参加し、ホクレア号に波や風の情報を提供したり、航海に必要な天気を予報したりしました。
2014年の出発から3年後、ホクレア号は無事ハワイに帰還することができました。
私の海への情熱や気象の知識を活かすことによって、このホクレアプロジェクトの力なれたことは、とても誇りに思っています。I am a meteorologist at the US National Weather Service Hawaii Office. I work with a team of meteorologists to produce vital weather forecasts for Hawaii, and international aviation and marine weather warnings across the Pacific Ocean. On special occasions I have been dispatched to the US mainland to provide life-saving forecasts for fire fighters battling large wildfires. Summertime weather can bring dangerous typhoons, called hurricanes in the United States, close to Hawaii. The weather office becomes very busy with forecasting the storm and keeping people out of harm's way.
In 2015, I combined my weather forecasting expertise with my passion for the ocean and became a weather forecaster for the Malama Honua Worldwide Voyage. The Worldwide Voyage was made by a Polynesian voyaging canoe named the Hōkūleʻa. This style of sailing canoe was used by Polynesians for thousands of years to traverse the ocean from New Zealand to Hawaii.
The Hōkūleʻa canoe left Hawaii in 2014, and sailed around the world over a 3-year period with the goal to grow the global movement toward a more sustainable world. My job for the Hōkūleʻa crew was to provide an accurate forecast of wind, weather, and swell so they could sail safely to the next port. I am very happy to say that I played a small role in the voyage, and everyone returned home safely.

世界一穏やかな気候のハワイ それを脅かす気候変動の影響とは?

ハワイは貿易風の影響で温暖で涼しい風が吹き、世界で最も気候が良い場所のひとつと言われています。
ハワイの北東側は風上に位置し、弱い雨が降りやすいです。反対に南西側は風下となり晴天になることが多く、あの有名なワイキキビーチもあるため、常にたくさんの観光客でにぎわっています。
また、ハワイには多くの日本人が住み、ワイキキでは日本語も通じるため、日本人観光客にとってとても優しい環境となっていますよ!
一方、ハワイでも気候変動や海面上昇の影響を受けています。ワイキキでは海面上昇の影響によりビーチの面積が年々縮小し、リゾートやホテルは埋め立てによる養浜などの対応に追われているのです。It is said that Hawaii has the best weather in the world. Mild temperatures and cool winds called `trade winds` bring gentle showers to the northeast, or windward, part of the island. The southwest, or leeward side of the islands stay mostly dry and sunny and that is where you will the famous Waikiki Beach and many vacation resorts. Hawaii has many Japanese people living and working in the islands and Waikiki is very convenient for visitors as many people speak Japanese!
There are some problems with climate change and the rising sea levels. In Waikiki and across the islands, the beaches are shrinking every year as the sea level increases. The resorts and hotels have been working hard to keep the beaches in place through sand replacement and other methods.

日本の暑さはハワイよりも厳しい??

日本で毎年台風への備えが必要であるように、ハワイでもハリケーンへの備えが必要です。
ハリケーンに伴う大雨や強風、高潮、そして海岸浸食はハワイのデリケートな生態系にとって、非常に大きな脅威となっています。
日本には春夏秋冬といったはっきりした四季がありますが、ハワイには「乾季」と「雨季」の2つの季節しかありません。乾季は比較的暖かい日が多く、最高気温は31℃程度になります。しかし、貿易風の影響によって空気が乾燥しているため、比較的過ごしやすいです。雨季でも最高気温が26℃程度と過ごしやすく、時々雨が降るため、空気は少し湿っています。
私は、来日してすぐに日本の夏を金沢で経験し、日本の高温多湿の気候に驚きました。そして、この独特の気候を表す「蒸し暑い」や「暑すぎます」という日本語をいち早く覚えることができました。Both Hawaii and Japan need to prepare for typhoons or hurricanes every year. Hawaii`s delicate ecosystem makes the islands very susceptible to hurricane rainfall, winds, waves, and beach erosion.
While most of Japan experiences the four seasons, Hawaii has only two noticeable seasons - the dry/warm season and the wet/cool season. The dry/warm season coincides with the summer months with high temperatures near 31 Celsius. The warm season remains quite pleasant, however, with trade winds keeping relative humidity low. The winter months in Hawaii remain enjoyable with high temperatures near 26 Celsius, but it can be a bit wetter with passing showers.
After moving to Kanazawa last summer, I quickly learned the Japanese phrases ‘mushi-atsui` and `atsu-sugimasu` to describe the heat and humidity across Japan.

マンスフィールド研修について

イアンさんは、マンスフィールド・フェローシップ・プログラムの第23期フェローとして日本に来日しました。このマンスフィールド研修は、アメリカの政府職員に日本語や日本の政府機関の仕事について学ぶことを目的としています。今回、イアンさん含めて9人のフェローが来日しました。
フェローの皆さんは、1年間の研修中に日本で学んだことをアメリカに持ち帰り、それぞれの業務でこれらの経験を活かしていきます。


トップにもどる tenki.jpサプリ記事一覧


続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい