春休みもまだまだ滑れる!!〈春スキー特集2018/東北〉 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

春休みもまだまだ滑れる!!〈春スキー特集2018/東北〉

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp

梅や桜の便りが聞こえる頃ですが、東北ではまだまだスキーを楽しむことができます。今年の冬は雪が多く、スキー場関係者にとってはありがたい話でした。さあ、春休みを利用して、東北のスキー場で春スキーを楽しんでみませんか。

幻想的な樹氷がお出迎え!!/山形・蔵王温泉スキー場(中央ゲレンデ)

変化に富んだゲレンデやコースが多数あり、雪質が抜群のパウダースノーが堪能できる、東北最大級のスノーリゾートです。夜は世界的に知られる樹氷がライトアップされ、ゲレンデが幻想的な雰囲気に包まれます。ロングダウンヒルコースは樹氷の原野から最長10km。上級者からファミリーまで楽しむことができるスキー場です。
山形蔵王温泉スキー場(中央ゲレンデ)
●ゲレンデ14、コース12、リフト32
●春スキー料金(4月2日からの1日券)/大人3000円、小人1500円
●住所/山形県山形市蔵王温泉
●連絡先/023-694-9617(蔵王索道協会)
公式サイト

スキーもボードもアクティビティも!!/岩手・安比高原スキー場

全21コースの総滑走距離は45km。全長2kmを超えるロングコースが12本あり、多彩なスノーアクティビティで、滑ること、遊ぶことのすべてがそろっています。遊びのプロ集団「SALOMONスノーボードチーム」が監修した「SALOMON SNOWPARK」には複数のジャンプ台などがあり、初心者も楽しめるボードエリアです。
安比高原スキー場
●コース21、リフト11(うちゴンドラ2)
●春スキー料金(3月26日からの1日券)/大人3900円、学生2600円
●住所/岩手県八幡平市安比高原
●連絡先/0195-73-5111
公式サイト

ブナの原生林を滑るコースが登場!!/岩手・夏油高原スキー場

豊富な積雪があり、パウダースノーが長いシーズンで楽しむことができます。コブやパークが充実し、初心者から上級者までが楽しめる14のコースは全面スノーボードが滑走可能。また、1コースを全面占拠したスノーパークがあるほか、今年増設されたブナの原生林のを滑る「ツリーラン」エリアは春もオープン中です。
夏油高原スキー場
●コース14、リフト5(うちゴンドラ2)
●春スキー料金(3月22日からの1日券)/大人3900円、小学生1000円
●住所/岩手県北上市和賀町岩崎新田国有林内
●連絡先/0197-65-9000
公式サイト

標高1000m超で雪質最上!!/福島・グランデコスノーリゾート

今シーズンは5月6日まで営業。ベース標高が1000m以上あり雪質は最上。最長滑走距離が4500mと東北No.1の長さを誇ります。緩い斜面が多いので、ファミリーも安心して滑ることができます。初級のラベンダーコースBには1000mのスロープパークが登場。ロールやBOX、バンクなどがあり、斜度10度未満の斜面を流して遊ぶことができます。
グランデコスノーリゾート
●コース13、リフト5(うちゴンドラ1)
●春スキー料金(3月26日からの1日券)/大人3800円、小中学生2800円
●住所/福島県耶麻郡北塩原村桧原荒砂沢山
●連絡先/0241-32-2530
公式サイト
※写真はすべてイメージです。


トップにもどる tenki.jpサプリ記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい