寒ーい厚着の季節こそ!着やせ効果アイテムでコーディネイト 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

寒ーい厚着の季節こそ!着やせ効果アイテムでコーディネイト

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
自然にふわりと立ち上がるこんなタートルがオススメです

自然にふわりと立ち上がるこんなタートルがオススメです

11月も後半に突入。本格的に冬支度を調えていきたい季節です。
もう暖かいダウンやセーター、モコモコブーツなどを用意して寒さに備えてる方も多いと思います。今年の冬のトレンドは「ビッグシルエット」。大きめサイズをゆったり着るのがポイントです。でもただでさえ着膨れしてしまう冬に大きなシルエット…うまく着やせする方法はないのでしょうか?はい、気になります。調べてみました。

小顔効果アイテムでスタイルアップ!

トレンドのビッグシルエットの代表格アイテムといえば、ザックリ編まれたセーターです。暖かくて冬らしいアイテムなので寒がりの筆者も今季一番に購入しました。モコモコと暖かく、ぬくもり感がありこれから大活躍してくれそうです。でも心配なことが…それは太って見えそうなところ。でも着方次第で着やせ効果を発揮できるようです。ポイントは首回り。タートルの場合は折り返してフィットさせるタイプではなく、折り返さずフワッと少し顎が隠れる位のスタンドタイプのタートルデザインを選びましょう。タートルでない場合はストールをクルクルっと緩めに巻いて。ポイントは顎を少し覆うようにふわりと首回りにボリュームを持たせる事。これで小顔効果は抜群です。少し顎を隠す事で顔の面積が小さく見えるのはもちろんですが、首回りにボリュームを持たせる事による対比で小顔効果も生まれるそうです。
又今年のセーターは袖も太めに作られているのも特徴です。そのままストンと着てしまうと、着膨れシルエットに。たくし上げて手首を見せるのがポイントです。ここでもたくし上げたセーターの袖のボリューム感と華奢な手首の対比効果でほっそりと。
ビッグシルエットのセーターを着用する時もう一つ心配なことがあります。それは上に羽織るアウターです。
今シーズン、コートを新調する予定のある方は是非コートもビッグシルエットのものを。中に着るものを選ばない伸縮性のあるニット素材のコーディガンや脇のデザインがゆったりとした袖付けがラグランタイプがオススメです。

あったかアイテム・帽子も上手に選びましょう

冬になると暖かく温もり感のある帽子も重宝しますね。帽子好きの方には嬉しい季節ですね。筆者はまだ中々うまくかぶれません。ここ数年帽子は大人気で様々なタイプが出ています、今年はフェルトハット・ニット帽などがトレンドのよう。街で素敵に帽子をかぶってる方がたくさんいて羨ましくて仕方がありません。帽子はかぶるだけでオシャレに見えるのはもちろんですが、ちょっぴり背が高くなったり、広いツバで小顔効果が出たり…上手にかぶれれば冬の着やせ効果アイテムになってくれそうです。
ではどんなタイプが着やせ効果を発揮するのでしょう。オススメはニット帽。最近は軽くちょこんとかぶり先端を余らせ尖らせてかぶるのがトレンドです。背が高く見えすっきりとしたシルエットに。ただし注意点がひとつ。サイズがジャストすぎると頭部のみがタイトになり顔が大きく見えてしまいます。ここでもふんわりゆったりかぶるのがポイント。鏡でチェックし、顔と頭部が程よいバランスになるようかぶりましょう。帽子で小顔に見せることにより全身のシルエットもすっきりして着やせ効果を発揮する…という訳です。

その他太って見えない着やせワザは?

目線を上に向けるのも着やせ効果があります。女性ならば首元に大振りなチョーカータイプ(短めのネックレス)はいかがですか。男性ならマフラーは垂らさず首にクルクルっと巻いてみてください。アクセントをなるべく上にすると、下半身がスッキリと見える効果があります。
手首・足首をスッキリ見せるのも効果的です。真冬は寒いので無理ですが、中に着たセーターごとコートの袖をたくし上げてちょっと手首をのぞかせたり、ちょっとゴツめの靴で足首の細さを強調したり…全体的に、「ふんわりボリューム感×ほっそり」をうまく対比させるのがコツです。
どうですか?ビッグシルエット、挑戦したくなってきました。重ね着しやすいビッグシルエットは、暖かく過ごせるのも利点です。ぜひポイントを押さえて、冬の着やせコーディネイトを楽しみましょう。


トップにもどる tenki.jpサプリ記事一覧


続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい