写真・図版 | 是枝裕和と愛弟子・広瀬奈々子が語る 映画監督として大切なこと〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

トップ AERA 記事 写真・図版

是枝裕和と愛弟子・広瀬奈々子が語る 映画監督として大切なこと 1/2

このエントリーをはてなブックマークに追加
坂口さゆりAERA

【映画監督】是枝裕和(これえだ・ひろかず、右):1962年生まれ。95年「幻の光」で映画監督デビュー。2004年に「誰も知らない」で数々の映画賞を受賞。18年、「万引き家族」でカンヌ国際映画祭の最高賞パルムドールを受賞/【映画監督】広瀬奈々子(ひろせ・ななこ):1987年生まれ。是枝監督の映画作品では「そして父になる」(2013年)、「海街diary」(15年)、「海よりもまだ深く」(16年)に監督助手として参加。オリジナルの「夜明け」で映画監督デビュー(撮影/植田真紗美)

【映画監督】是枝裕和(これえだ・ひろかず、右):1962年生まれ。95年「幻の光」で映画監督デビュー。2004年に「誰も知らない」で数々の映画賞を受賞。18年、「万引き家族」でカンヌ国際映画祭の最高賞パルムドールを受賞/【映画監督】広瀬奈々子(ひろせ・ななこ):1987年生まれ。是枝監督の映画作品では「そして父になる」(2013年)、「海街diary」(15年)、「海よりもまだ深く」(16年)に監督助手として参加。オリジナルの「夜明け」で映画監督デビュー(撮影/植田真紗美)

[エンタメの記事写真をもっと見る]

記事に戻る


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい