写真・図版 | リニューアルで撤去される平和記念資料館「原爆再現人形」の賛否 被爆者たちの揺れる思いとは?〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

トップ AERA 記事 写真・図版

リニューアルで撤去される平和記念資料館「原爆再現人形」の賛否 被爆者たちの揺れる思いとは? 3/3

このエントリーをはてなブックマークに追加
山本大輔AERA

広島平和記念資料館本館の入り口すぐに設置されていた「被爆再現人形」。本館のリニューアルで撤去されることが決まっており、今でも賛否が分かれている。戦後70年以上が経過し、被爆の実相をより一層わかりやすく正確に伝えるため、今後は人工的な作り物よりも、被爆者証言ビデオや遺品、当時の写真といった展示物が増えていく (c)朝日新聞社

広島平和記念資料館本館の入り口すぐに設置されていた「被爆再現人形」。本館のリニューアルで撤去されることが決まっており、今でも賛否が分かれている。戦後70年以上が経過し、被爆の実相をより一層わかりやすく正確に伝えるため、今後は人工的な作り物よりも、被爆者証言ビデオや遺品、当時の写真といった展示物が増えていく (c)朝日新聞社

[ニュースの記事写真をもっと見る]

記事に戻る


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加