写真・図版 | 9月17日公開の李相日監督作「怒り」 投げかける根源的な問いとは〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

9月17日公開の李相日監督作「怒り」 投げかける根源的な問いとは 2/2

このエントリーをはてなブックマークに追加
坂口さゆりAERA

吉田修一の同名小説を映画化。「目に見えないものを必死に追いかけて映画をつくりきったつもりです」と李監督。長く余韻の残る大作 (c)2016映画「怒り」製作委員会

吉田修一の同名小説を映画化。「目に見えないものを必死に追いかけて映画をつくりきったつもりです」と李監督。長く余韻の残る大作 (c)2016映画「怒り」製作委員会

[エンタメの記事写真をもっと見る]

記事に戻る


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい