写真・図版 | 島田雅彦「二流の作家が都知事になるというのは伝統なのかもしれない(笑)」〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

島田雅彦「二流の作家が都知事になるというのは伝統なのかもしれない(笑)」 

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日

作家島田雅彦しまだ・まさひこ/1961年、東京都生まれ。東京外国語大学ロシア語学科在学中の83年、『優しいサヨクのための嬉遊曲』が芥川賞候補となり、作家デビュー。84年『夢遊王国のための音楽』で野間文芸新人賞、92年『彼岸先生』で泉鏡花文学賞、2006年『退廃姉妹』で伊藤整文学賞、08年『カオスの娘』で芸術選奨文部科学大臣賞受賞。10年下半期から芥川賞選考委員を務める。近著に『筋金入りのヘタレになれ』『虚人の星』などがある(撮影/写真部・加藤夏子)

作家島田雅彦
しまだ・まさひこ/1961年、東京都生まれ。東京外国語大学ロシア語学科在学中の83年、『優しいサヨクのための嬉遊曲』が芥川賞候補となり、作家デビュー。84年『夢遊王国のための音楽』で野間文芸新人賞、92年『彼岸先生』で泉鏡花文学賞、2006年『退廃姉妹』で伊藤整文学賞、08年『カオスの娘』で芸術選奨文部科学大臣賞受賞。10年下半期から芥川賞選考委員を務める。近著に『筋金入りのヘタレになれ』『虚人の星』などがある(撮影/写真部・加藤夏子)

[ニュースの記事写真をもっと見る]

記事に戻る


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい